ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長室へようこそ
町長あいさつ(令和3年度)
町長あいさつ(令和2年度)
町長からのお知らせ

令和3年11月 町長あいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月10日更新

11月のごあいさつ

令和3年11月1日 月初め式

 昨日は衆議院議員総選挙の投票日でした。今回の選挙では自民党や連立与党が衆議院の全体の定数465議席のうち、過半数233議席を確保できるのかが注目されていました。結果は皆さんご存知のとおり、自民党が前回よりも議席数を減らしたものの261議席を確保。立憲民主党が議席を減らし、96議席となりました。それぞれの減った議席は日本維新の会などが獲得し、11議席から41議席へと大幅に伸ばす結果となりました。

 国の役割は外交や防衛など国際社会における国家の存立に関することや、全国的に統一が必要な行政事務などを担うこととされています。しかし国会ではこの重要な案件について、充分に議論がなされていないのではないかと私は感じています。私が国会議員の皆さんに期待することは、重要事案について積極的に提案をして、充分に議論をすることです。日本の進むべき道をしっかりと国民に示してほしいと願っています。

 コロナ関連の話題ですが、最近は随分と落ち着いてきました。全国の感染者数が300人程度で、愛媛県では5人ほどとなっています。これはワクチンの接種率が上がった効果だと思います。内子町での接種率も85%を超えました。現在愛媛県では感染縮小期になり、制限が緩和されていますが、規制がなくなったわけではないので、マスク着用や手指消毒、3密の回避など基本的な感染対策は、引き続き取り組む必要があります。

 ただ落ち着いてきてもいることも確かで、観光客の姿も見かけるようになりました。今後は経済対策も必要になってきます。既に始まっている経済対策がいくつかあって、まず一つがえひめ版応援金です。これは第5波の影響を受けている事業者の皆さんに対する支援制度です。県が行っているものですが、町も上乗せして10~30万円の応援金を、売り上げの減少に応じて給付します。他にも県が行うGo To EatやGo To トラベルも開始され、内子町でも2,000円支払うと3,000円のチケットがもらえる「プレミアム応援チケット」の販売が始まりました。各店舗で買えるので、ぜひお買い求めください。

 コロナが落ち着いてきたことも影響して、今月はイベントがたくさん予定されています。内子座では3日にえひめ南予きずな博のプレイベントとして「市川海老蔵内子座公演」があります。南予地域で伝統芸能の継承などに取り組む子どもたちを招待し、海老蔵さんをはじめとする一流の演者の皆さんとの交流も行う予定です。一般客の数は抽選で200人と少ないですが、楽しんでもらえたらと思います。23日には「茂山狂言内子座公演」が予定されており、うちこ子ども狂言くらぶの皆さんなどが日ごろの稽古の成果を披露してくれます。茂山千三郎さんなど狂言師の皆さんによる狂言も見どころです。楽しい一日になること間違いないので、ぜひお越しください。今後も内子座ではさまざまな催し物を行いますので、町民の皆さんにもぜひ見に来ていただきたいです。

 今月は地域づくり懇談会も予定されています。コロナ禍で地域の皆さんとお話しできることが少なかったので、この機会にいろいろな要望を伝えていただけるとうれしいです。今月もよろしくお願いします。