ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上・下水道 > 内子町公共下水道事業について
消火栓使用届
経営比較分析表

内子町公共下水道事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月2日更新

 内子町では、「キラリと光るエコロジータウン・内子」のキャッチフレーズのもと、美しい川、美しい自然を次の世代に残していくため、水質汚濁の大きな原因となっている生活排水の浄化を図ることを目的として、人口が密集している旧内子町の中心市街地は公共下水道で整備し、公共下水道計画区域外については合併処理浄化槽で処理する計画をたてて、それぞれ事業を進めています。

 内子町公共下水道事業は平成5年度に着手し、平成21年度を目標に168ヘクタールを整備する計画です。
 平成11年3月31日に一部供用開始を行ったことにより、その後各家庭から出された汚水を公共下水道に流すための排水設備工事が公共下水道整備区域内で随時実施されており、徐々に清潔で快適な環境や公共用水域の水質保全が図られてきています。

現認可計画全体計画
計画目標年度
平成21年度
平成21年度
計画処理区域(ha)
168 ha
168 ha
排除方式
分流式
計画処理人口
5,400人
5,400人
計画汚水量(日最大)
3,300m3/日
3,300m3/日
処理場名称
内子町浄化センター
処理方法
オキデーションディッチ法
敷地面積
12,800平方メートル
処理能力
4,200m3/日

 内子町公共下水道計画区域図は、下記のとおりです。
 なお、計画予定区域等は予定であり、変更等がある場合がありますので、詳細は産業建設課環境整備班下水道係までお問い合わせください。

 内子町公共下水道事業図

内子町公共下水道事業