ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > こども支援課 > 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月11日更新

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について

制度の概要

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、影響を受けている子育て世帯を支援するため、平成15年4月2日から令和4年3月31日生まれの児童がいる世帯に、子育て世帯への臨時特別給付金を給付します。

給付額

児童1人当たり一律10万円
※内子町では、先行給付金5万円、追加給付の5万円相当分を併せて現金10万円とし、子育て世帯へ一括給付します。

給付対象

平成15年4月2日から令和4年3月31日までの間に生まれた児童を養育している方(父母等のうち所得の高い方)で、令和2年中の所得が児童手当所得制限限度額内の方
  ※ 児童福祉施設等に入所中の児童については、施設長への支給となります。

(1) 令和3年9月分の児童手当を受給している方
  ※ 特例給付(児童1人当たり月額5,000円の支給になっている方)を除く
(2) 公務員で(1)と同様の児童手当を勤務先から受給している方
(3) 高校生等(平成15年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた児童)を令和3年9月30日時点で養育している方
  ※ 児童が就職している場合でも父母等から養育されている場合は対象となります。
  ※ 結婚している児童は対象外となります。
(4) 令和3年9月1日から令和4年3月31日までの間に生まれた新生児を養育している方
児童手当所得制限限度額表
扶養親族等の数所得制限限度額(万円)収入額の目安(万円)
0人622833.3
1人660875.6
2人698917.8
3人736960
4人7741002
5人8121040

「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。
(注)
1.所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族がある者についての限度額(所得額ベース)は上記の額に当該同一生計配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
2.扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

申請方法

(1)の方は申請不要です。児童手当振込座と同じ口座に振込みます。
 
(2)の方は申請が必要です。高校生等申請書を提出してください。

(3)の方は、中学生以下の弟妹の児童手当を受給している方は申請が不要で、対象児童が高校生のみの方は申請が必要です。高校生等申請書を提出してください。

(4)の方は、申請が必要です。新生児申請書を提出してください。


※高校生等申請書は令和4年1月11日(火曜日)発送済です。内子町ホームページからもダウンロードできます。

申請書ダウンロード

・(2)、(3)に該当する方
・(4)に該当する方

申請先について

 令和3年9月30日時点での支給対象者(父母等)の住所地で申請してください。
 新生児の場合は、児童手当の認定請求を行った市町村での申請となります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)