ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 町並・地域振興課 > 「内子・大瀬地区都市再生整備計画」の事後評価(原案)の公表について

「内子・大瀬地区都市再生整備計画」の事後評価(原案)の公表について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年11月15日更新

「内子・大瀬地区都市再生整備計画」の事後評価について意見を募集します

都市再生整備計画とは

 都市再生整備計画とは、都市再生特別措置法に基づき市町村が策定する計画で、都市の再生に必要な公共公益施設の整備等を重点的に実施すべき地域においての整備方針を定めるものです。この計画には、市町村が創意工夫したまちづくりを行うため、まちづくりの目標や目標を達成するために実施する事業を記載しています。内子町内子・大瀬地区では、平成19年度より5ヵ年の都市再生整備計画を策定し、当計画に掲げるまちづくりの目標を達成するため、交付金を活用しながら魅力あるまちづくりに取組んでいます。


都市再生整備計画に基づいて整備された「内の子広場」

(整備前写真)                      (整備後写真)

内子の子広場整備前後写真

 ※内子・大瀬地区都市再生整備計画の内容は、下記のPDFファイルをご覧下さい

事後評価とは

 事後評価とは、交付金の交付金の終了時に成果等を検証して、その後のまちづくりに活かすための作業と位置付けられます。交付金がもたらした事業成果等を客観的に診断し、効果発現の原因を分析して、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、これらを住民にわかりやすく説明することを目的としています。

事後評価の内容

 ○まちづくり目標の達成状況の確認
  ―まちづくり目標の達成状況及び実施過程の評価を行います。
 ○今後のまちづくり方策の検討
  ―効果発現原因を整理して、今後のまちづくり方策を検討します。
 ○評価結果のチェック
  ―事後評価の合理性・客観性を担保するため、事後評価(原案)を公表して意見を募集します。
  ―第三者により構成される都市再生整備評価委員会で事後評価全般にわたる評価作業の適切さの確認を受けます。

事後評価(原案)の意見募集

 事後評価の成案となる前段階の「事後評価(原案)」を公表して、住民の皆さんより広く御意見を募集いたします。頂いた御意見については、とりまとめた上で、町の考え方と併せた「事後評価」として公表するとともに、今後のまちづくりの参考とさせていただきます。


意見募集期間

  平成23年11月15日 ~ 平成23年12月1日まで


事後評価(原案)の公表



Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)