ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 内子中学校 > 内子中 平成26年度6月の行事の様子

内子中 平成26年度6月の行事の様子

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月2日更新

本年度の大洲市・喜多郡中学校総合体育大会が行われ、6月3日(火曜日)・6日(金曜日)に球技・武道の部、6月17日(火曜日)、陸上・水泳競技の部で熱戦が繰り広げられました。

soutai01 soutau02 soutai03

 

 あいにくの天候が続きましたが、選手たちはベストを尽くして頑張りました。詳しい結果は学校便りやメールでお知らせしたとおりです。 保護者の皆さん、応援、サポートありがとうございました。

 見事優勝したソフトボール部をはじめ、多数の生徒が7月の県総体に出場します。大洲市・喜多郡の代表として頑張ってほしいと思います。


 6月6日(金曜日)・7日(土曜日)、1年生が集団宿泊研修を行いました。
天候が心配されましたが、無事に活動を行うことができ、充実した2日間になったようです。

h26syuku01 h26syuku02 h26syuku03

 


 6月10日(火曜日)、第1回高校説明会を行い、7つの県立高等学校の先生方に、直接説明をしていただきました。

 生徒たちは、ご参加いただいた保護者の方とともに、真剣な態度で各校の特徴や施設、卒業生の進路などの話を聞いていました。

h26sinro01

 

 自分の進学先は、希望する職業や実力テストなどの結果を参考に、自分で決めていきます。目標に向かって地道な努力を続けてほしいと思います。

 第2回高校説明会は10月で、私立高等学校等の説明を聞く予定です。是非ご出席ください。


 6月15日(日曜日)は、参観日として、P T A保健部主催の講演会と、親睦レクバレー大会を行いました。

 講演会では、宇和島市の長野産婦人科で助産師をされている植村礼子先生から、命の尊さと現代の中高生の性の悩み、容易に傷ついてしまう思春期の心身について、ご自身の体験を交えてお話をいただきました。 

h26sei h26volley←バレー大会に優勝した3年2組チーム。おめでとうございます。

<生徒の感想より>
「病気など、よく分からない言葉も出てきたけど、先生の替え歌“命の応援歌”は良い曲だなと思いました。まだ先だと思うけど、自分も気をつけたいです。」
「赤ちゃんも頑張って生まれてきたこと、生まれたときはみんな喜んだ、というお話が印象に残りました。家の人にも聞いてみたいと思います。」


 6月24日(火曜日)、内子座にて「竹下景子さんの朗読と音楽の調べ」が行われ、町内小中学生が参加しました。

 宮沢賢治作「セロ弾きのゴーシュ」の朗読と、バイオリン、チェロ、ピアノの演奏を聞き、しばし芸術の世界に浸りました。 生徒たちにとっては、「プロの技」に触れる貴重な機会となりました。

h26take

<生徒の感想より>
「『エリーゼのために』以外は知らない曲ばかりでしたが、感情豊かに表現していてすごいなと思いました。ピアノの弦が切れてびっくりしました。」
「私は、ピアノを習っているので、ゴーシュがセロをうまく弾けなくて悩んでいる気持ちが分かりました。タヌキやカッコー、ネズミの親子が出てきて、演奏が上手になる様子がおもしろかったです。」


 6月30日(月曜日)、「ケータイ安全教室」を行い、情報モラルについての話を聞きました。

 実際の事例や、再現ドラマを交えて、情報機器を取り扱う際の注意点や、ネットワークの仕組みについてご指導いただきました。

 大きな事件も報道される昨今、内子中学校でも、情報モラルや望ましい習慣、マナーの定着に努めたいと思います。 是非ご家庭でも話し合ってみてください。