ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 内子中学校 > 内子中学校 平成25年度3月の行事の様子

内子中学校 平成25年度3月の行事の様子

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月27日更新


3月12日(水曜日)、1・2年生が遠足に行きました。

1年生は東予地区の博物館と工場見学、2年生はアイススケートと動物園見学を行いました。

h25ensoku01 h25ensoku02

h25ensoku03 h25ensku04

知見を広げ、楽しい一日を過ごすとともに、残り少ない今年度の名残を惜しむ姿が見られました。

また、3年生はこの日県立一般入試でした。私立推薦、県立推薦、私立一般と、進路選択のためにじっくり時間をかけて準備を進めていた生徒も多くいました。
希望進路の実現のために頑張ってほしいと思います。


3月17日(月曜日)、平成25年度卒業証書授与式が行われ、85名の卒業生が内子中学校を巣立っていきました。

12月の三者面談から、進路希望実現を目指して頑張る姿も見られ、頼もしく感じていましたが、それぞれの希望と不安を胸に新しい世界に踏み出しました。

校長式辞では、ソチ冬季オリンピックで活躍した葛西選手の競技人生を引き合いに出され、夢に向かって努力を続けることで、社会に出たときに困らない人間に、そして、地域に貢献できる人間になれる、と励まされました。

h25sotu01 h25sotu02

h25sotu03 h25sotu04

当日は、別れに感極まる生徒もいましたが、終始厳粛な雰囲気の中、立派な態度で卒業証書授与に臨んだり、堂堂と答辞を述べたりする姿が印象的でした。

卒業記念合唱や見送りの際には、保護者や在校生から温かい拍手が送られ、晴れ晴れとした表情で1日を過ごすことができました。

卒業生の皆さん、内子中で学んだことを生かし、新しい舞台でも活躍してください。保護者の皆様、9年間の義務教育におけるご支援、ご協力ありがとうございました。


3月25日(火曜日)、平成25年度の修了式が行われ、1・2年生が本年度の課程を修了しました。

校長式辞では、入試に向けての心構えをふまえ、良い面をしっかり伸ばしてよりよい内子中を作っていくよう励まされました。

h25syuugyou

一人一人の思いは様々だと思いますが、春休み中も、安全で充実した日々になるよう頑張ってほしいと思います。

<生徒の作文より>「3学期は、駅伝を頑張っていい思い出になりました。4月からは先輩になるので、自覚を持って臨みたいです。」
「2年生の3学期は忙しかったけど、いい経験になりました。春休みや3年生になってからも、何事にも率先してやりたいです。」


1年間、内子中学校公式サイトの運営にご協力いただきましてありがとうございます。来年度もよろしくお願いします。