ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 五十崎凧博物館 > 上岡美平没後80年記念展示「上岡美平 作品とその生涯」

上岡美平没後80年記念展示「上岡美平 作品とその生涯」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月19日更新

彼が愛した郷土、五十崎・内子での待望の個展

上岡美平ポスター

会期

平成29年11月3日(金曜・祝)~平成29年12月3日(日曜)
※月曜休館

会場

1.上岡美平アトリエ
  五十崎郵便局(五十崎甲1118番地)斜め向かい
2.五十崎凧博物館
  喜多郡内子町五十崎甲1437番地
  電話 0893-44-5200

開館時間

アトリエ       
 午前10時から午後4時まで
五十崎凧博物館 
 午前9時から午後4時30分まで

見学料

★アトリエ見学無料
★五十崎凧博物館入館料(一般300円、小中学生150円)
★ギャラリートーク観覧無料(予約優先)

秘蔵のアトリエを、秘蔵の作品とともに初公開~美平在りし日の五十崎を偲ぶ

 五十崎出身の洋画家、上岡美平が戦没し、今年で80年を迎えます。

 今回、彼の没後80年を記念して開催される当展覧会では、秘蔵の作品を公開するだけにとどまらず、長らく人目に触れることのなかった美平のアトリエも展覧会場として公開されます。アトリエでは、五十崎の日常風景や人々をとらえた作品の数々が展示されます。

 アトリエにほど近い場所にある五十崎凧博物館でも、デッサンをはじめとする多くの作品とともに、美平在りし日の姿を伝える遺品の数々が展示されます。今は失われてしまった五十崎の風景を、美平の作品や遺された写真、資料とともに感じてください。

収穫

ギャラリートーク

戦没画学生コレクションの先駆的存在である、戦没画学生慰霊美術館「無言館」より講師をお招きし、当時の画学生の生き様や、遺族の思いなどに触れていきます。

日時  11月19日(日曜日)午後3時~
場所  上岡美平アトリエ中庭(雨天・荒天時 五十崎凧博物館研修室)

講師
    林数馬 (一財)戦没画学生慰霊美術館「無言館」資料室長
    徳永高志 NPO法人クオリティ・アンドコミュニケーション・オブ・アーツ(アートNPOカコア)代表
    山田清昭 版画家/上岡美平研究者

アクセス

★乗用車
 松山自動車道「内子五十崎IC」より5分
 ※アトリエ見学の際は五十崎児童館前駐車場をご利用ください(内子町五十崎甲1288 電話 0893-44-2001)。
★公共交通機関(JR)
 JR予讃線内子駅から約2km
 内子駅からのバス利用
 1.月曜~土曜
  内子駅より内子町営バス「ふるさとステーション」停留所下車、徒歩3分
 2.土・日・祝日
  内子駅より五十崎凧博物館まで「みきゃん号」が運行(11月26日まで)
★会場間の距離
 五十崎凧博物館からアトリエまで約500m(徒歩約6分)

お問い合わせ

内子町 町並・地域振興課
 
 電話 
  0893-44-2118
 email
   machinami-g@town.uchiko.ehime.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)