ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 立川小学校 > 「愛顔つなぐえひめ国体」

「愛顔つなぐえひめ国体」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月10日更新

10月10日、すばらしい晴天のもと、第72回国民体育大会が、熱戦のうちに幕を閉じました。

四国4県共同開催以来64年ぶり。

そして愛媛県単独開催は初めてのことです。

「愛顔つなぐえひめ国体」として、県民挙げて大いに盛り上がりました。

本校の子どもたちも、

「来られた選手の方を応援しよう」「にぎやかにお迎えしよう」と、

1学期から、のぼり旗に、一生懸命メッセージやイラストをかき、準備を進めてきました。

9月30日。県総合運動公園陸上競技場で行われた総合開会式。

本校の中にも、大観衆にパフォーマンスを披露する機会があった児童もいました。

これまで練習を重ねてきたその成果を出し、感動のうちに国体は開幕しました。

子どもたちが一生懸命作成したのぼり旗も、各地の競技会場で、選手や観客をお迎えしました。

内子町にもたくさんの選手やお客様が来られ、白熱した試合が行われました。

 様々な形での参加で、貴重な経験となりました。

【国体に向けて:のぼり旗作成】

こくたい  こくたい

【国体開会式にて】

こくたい  こくたい

こくたい  こくたい

【競技会場に飾られたのぼり旗】                 【ようこそ!内子へ】

こくたい  こくたい