ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 新型コロナウイルス感染症の感染拡大回避に向けた取組等について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大回避に向けた取組等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月19日更新

まん防等重点措置等を実施すべき区域における要請内容

期間、区域やその根拠

  1. 対象区域
    重点措置を行うべき区域(措置区域):松山市
    措置区域以外:松山市を除く愛媛県全域
  2. 重点措置等を実施する期間
    令和3年8月20日(金曜日)から9月12日(日曜日)まで
  3. 実施する重点措置等の内容
    県民への要請
    事業者への要請等

県民の皆さんへ

●不要不急の外出自粛(夜間だけでなく日中も含めて)

  • 外出等は、原則、家族や普段行動をともにしている人と、少人数で
  • 混雑する場所や時間帯を避け、人との接触を可能な限り避ける
  • 感染対策(マスク、手指消毒、アクリル板、人と人との距離、換気など)が徹底されていない飲食店は利用しない


●県外との不要不急の往来自粛

  • 緊急事態宣言地域・感染拡大地域等はもとより、県外との不要不急の往来(旅行など)自粛
  • やむを得ず往来する場合は、訪問先自治体の感染状況を確認し、現地の注意事項に従うなど感染回避行動を徹底

●松山市との不要不急の往来自粛

  • 松山市をまたぐ不要不急の往来自粛(通勤等は除く)
  • 松山市内でも、普段から顔を合わせていない人との会食は控える(会話する際もマスクを正しく着用)
  • やむを得ず、松山市から県内のほかの地域へ往来する場合は、久しぶりの人と集まる場(特に会食)は控える


 ●措置区域の営業時間の短縮要請に応じていない飲食店は利用しない

●会食の注意

  • 普段顔を合わせ、感染リスクの高い行動のない人と
  • 4人以下で、概ね2時間以内
  • 少しでも体調に異常があれば出席しない、させない
  • 感染対策が徹底されている店を利用
  • 席の間隔を十分空けて
  • 大声を出さない。羽目を外さない
  • 夏休み中、久しぶりに会う親戚や友人との会食は控える
  • 自宅等飲食店以外での会食も同様に注意

●路上・公園等における集団での飲食の自粛

●感染回避行動の徹底

  • 体調に異変を感じたら、外出や人との接触を避け、医療機関に事前に相談のうえ受診
  • 家庭内に症状のある人が複数いる場合は、必ず早期の受診を促す
  • 基本的な感染対策の徹底[マスクは適切に着用(鼻出しマスクなど不完全な着用は効果なし)、手指消毒は極めて有効]


●感染リスクが高まる「5つの場面」に十分注意

■「5つの場面」■

  • 飲酒を伴う懇親会等
  • 大人数や長時間におよぶ飲食
  • マスクなしでの会話
  • 狭い空間での共同生活
  • 居場所の切り替わり

事業者の皆さんへ(飲食店等)措置区域外(松山市以外)

●感染対策の実行<以下の措置を行うこと>

  • 会話等の飛沫による感染の防止に効果のある措置
    (アクリル板等の設置または座席の間隔の確保、換気の徹底など)
  • 手指の消毒設備の設置と、利用者等への手指消毒の呼びかけ
  • 従業員への検査勧奨 ・入場者が密にならないような整理誘導
  • 発熱等有症状者の入場を避けるための措置 ・事業所の消毒
  • 入場者へマスクの着用等の徹底の呼びかけ
  • マスクの着用等に正当な理由なく応じない者の入場禁止
    (すでに入場している者の退場も含む)

事業者の皆さんへ(飲食店以外の大規模な集客施設)

●感染防止対策の実行<以下の措置を行うこと>

  • 入場者が密集しないよう整理・誘導
  • 入場者の人数管理・人数制限
  • 会話等の飛沫による感染の防止に効果のある措置
    (アクリル板等の設置または座席の間隔の確保、換気の徹底など)
  • 手指の消毒設備の設置と、利用者等への手指消毒の呼びかけ
  • 従業員への検査勧奨
  • 発熱等有症状者の入場を避けるための措置
  • 事業所の消毒
  • 入場者へマスクの着用等の徹底の呼びかけ
  • マスクの着用等に正当な理由なく応じない者の入場禁止
    (すでに入場している者の退場も含む)
    (対象施設)
    運動施設、遊技場、劇場、観覧場、映画館、演芸場、集会場、公会堂、展示場、博物館、美術館、 図書館、ホテルまたは旅館物品販売・サービス業を営む店舗

事業者の皆さんへ(全般)

●不要不急の外出自粛(夜間だけでなく日中も含めて)
●県外との不要不急の往来や出張自粛
●松山市との不要不急の往来自粛(通勤等は除く)
●会食の注意
●徹底した感染防止対策の実行

  • テレワーク、時差出勤、休暇取得、ローテーション勤務のより一層の活用促進により、出勤者数の7割削減目標
  • 日常の執務室だけでなく、更衣室・休憩室等も含めた職場内の感染拡大防止対策の徹底
    (こまめな手指消毒、共用物等の消毒、換気の徹底)
  • 毎日の検温と報告など、従業員の体調確認の徹底。休暇取得の推奨
  • 職場内に症状のある人が複数いる場合は、必ず早期の受診を促す
  • 松山市や県外への出張は、ウェブの活用や延期などで代替
  • 従業員等に対し、営業時間の短縮要請に応じていない飲食店は利用しないよう求める
  • 不要不急の外出の誘発や混雑につながる催物、販促セール等は、見送りや延期を検討

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大回避に向けた取り組みの詳細はこちらをご参照ください。新型コロナウイルス感染症の感染拡大回避に向けた取組等 [PDFファイル]


 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)