ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 内子町事業継続給付金について

内子町事業継続給付金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月19日更新

内子町事業継続給付金の概要 

 内子町では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、第3波の影響を受けて、売上減少が続いている農業・商工業者の事業継続を支援するため、町独自の支援策を実施します。

 令和2年11月から令和3年2月までの間で連続する3か月の事業収入の合計が、前年の同じ期間の合計と比較して30%以上減少している農業・商工業者(事業者等)の方に給付金を交付します。

▼ 内子町事業継続給付金概要(チラシ) [PDFファイル/514KB]

交付対象者

 令和2年11月30日(基準日)以前より事業を開始しており、事業収入(売上高)を得ている事業者等で、次の(1)~(4)のいずれかに該当し、かつ、(5)~(8)のすべてに該当する方が対象となります。

▼ 要件 (1)~(4) : いずれかに該当

(1) 法人で町内に本社または事業所があること
(2) 個人事業者(農業者を含む。)で町内に住所があること
(3) 個人事業者で町内に店舗または事業所などがあること
(4) 農業者で所有している農地(面積)が町内に80%以上あること

 ※(3)、(4)は町内に住所がない方の要件

▼ 要件 (5)~(8) : すべてに該当

(5) 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年11月から令和3年2月までの間で連続する
   3か月の売上高の合計が前年の同じ期間の売上高の合計と比較して30%以上減少している
   こと
  【令和元年12月から令和2年11月までに事業を開始した方の特例(創業特例)】
  次の(ア)または(イ)の要件により30%以上減少していること
  (ア) 令和2年12月から令和3年2月までの3か月(対象期間)の売上高の合計と前年の同じ期
     間の売上高の合計を比較
  (イ) 対象期間の売上高の合計と事業開始月から令和2年11月まで(感染症の影響により休業
     した月を除く)の月平均売上高を3倍した額を比較

(6) 基準日以前から事業を開始しており、引き続き事業を継続する意思があること
(7) 町税(国民健康保険税を含む)に滞納がないこと 
(8) 内子町暴力団排除条例第2条第3号に規定する暴力団員等でないこと

▼ 次のいずれかに該当する方は対象外となります。

 ・令和2年12月1日以降に町内に転入(※)または事業を開始された方 
   ※要件(2)に該当する方が対象になります。
 ・ 町税に滞納がある方
 ・ その他町長が適当でないと認める方

売上減少率の算出方法

 売上減少率は、令和2年11月から令和3年2月までの間で連続する3か月(今期)の売上高の合計と前年の同じ期間(前期)の合計を比較して算出します。

▼ 算定式  売上減少率 = (前期の売上高合計 - 今期の売上高合計) ÷ 前期の売上高合計 × 100

▼ 算出例

前期の売上高
前期令和元年12月令和2年1月令和2年2月
売上高40万円40万円40万円

  ・ 前期の売上高合計 【A】 = 120万円

今期の売上高
前期令和2年12月令和3年1月令和3年2月
売上高30万円10万円10万円

  ・ 今期の売上高合計 【B】 = 50万円 

 ○ 売上減少率 = ( 【A】 120万円 - 【B】 50万円 ) ÷ 【A】 120万円 × 100

              =  58.33....  👉 58%  ≧  30% 

  ※売上減少率が30%以上あれば申請できます。 (算出例の場合、30%以上なので申請できます。)
  ※売上減少率の小数点以下は切り捨ててください。

給付金の額及び上限額

 給付金の額は連続する3か月の売上減少額(前期の売上高合計から今期の売上高合計を引いた額)の50%以内の額となります。

▼ 算定式  給付金の額 = (前期の売上高合計 - 今期の売上高合計) ÷ 2

▼ 給付金の上限額

法人個人事業者個人事業者のうち町外の方
60万円30万円15万円

 ▼ 算出例  

   ○ 給付金の額 = ( 【A】 120万円 - 【B】 50万円 ) ÷ 2

                =  35万円(※)          

  ※算出例の場合、申請書が個人事業者であれば上限額の30万円となります。
    ただし、町外者は上限額の15万円となります。
  ※給付金の交付は1回限りとなります。
  ※給付金の額に千円未満の端数がある場合、その端数を切り捨てた額となります。

申請書類及び取得方法

 内子町事業継続給付金交付申請書(様式第1号)および交付請求書(様式第3号)に必要書類を添えて、申請窓口(内子分庁舎1階特設会場)まで提出してください。

▼ 申請に必要な書類

必要書類詳細

申請書 [Wordファイル/21KB](ワード版)

申請書 [PDFファイル/89KB](PDF版)

【記入例】申請書 [PDFファイル/362KB]

請求書 [Wordファイル/20KB](ワード版)

請求書 [PDFファイル/246KB](PDF版)

【記入例】請求書 [PDFファイル/500KB]

売上高比較確認表(別紙1) [Wordファイル/24KB](ワード版) 

売上高比較確認表(別紙1) [PDFファイル/293KB](PDF版) 

【記入例】売上高比較確認表(別紙1) [PDFファイル/382KB]

※創業特例で申請される場合は、両面印刷して提出して下さい。

売上高が分かる書類

売上台帳、帳簿など
別紙1に記入した期間の売上高の詳細が分かる書類

住民票(個人事業者)または

登記事項証明書(法人)

発行日後、3か月以内のもの(写し可)


登記事項証明書とは「履歴事項全部証明書」または
「現在事項全部証明書」をいいます。

※他のコロナ支援を受けるため、町に提出している
場合は不要ですが、申請日において、発行日が3か
月を経過している場合は、新たに取得したものを提
出していただきます。

事業の実態が分かる書類開業届、営業許可証など(写し可)
固定資産台帳

個人事業者のうち町外に住所がある農業者の方のみ
提出が必要です。
※町内に住所がある方は不要。

▼ 申請書の取得方法

   上記からダウンロードしていただくか、申請窓口にてお受け取り下さい。

申請要領

  申請方法等、詳細については申請要領👇をご確認ください。

▼ 内子町事業継続給付金申請要領 [PDFファイル/640KB]

申請受付期間

   令和3年2月19日(金曜日)から令和3年22日(月曜日)まで

 申請窓口・お問い合わせ先

   〒791-3392 内子町内子1515番地

   内子町役場 内子分庁舎 

   町並・地域振興課 商工観光班 事業継続給付金受付係(1階:特設会場)

   受付時間 9時00分~17時00分 (土日祝除く)

   連絡先 0893-23-9093(給付金受付係専用ダイヤル)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)