ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 夏季期間における新型コロナウイルス感染症への注意喚起について

夏季期間における新型コロナウイルス感染症への注意喚起について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月27日更新

夏季期間における新型コロナウイルス感染症への注意喚起

第4波の収束以降、県内の新型コロナウイルス感染症については、県民の皆さんのご協力の下、関係各位のご尽力により落ち着いた状況が続いております。しかしながら、教育機関の休業、お盆等の諸行事など、人流の増加によるウイルスの持ち込み、持ち帰りが心配される夏季期間におきましては、より一層の警戒が必要な時期となります。

本県におきましても、変異株の確認が相次いでおり、感染者の年齢構成が首都圏と同様の傾向を示しています。中村愛媛県知事は、現状は第5波の入り口に近づいている状況として、強い危機感をもって注視すべきであると表明しました。

町民の皆さんには、夏季期間を迎え、変異株による感染者の急速な拡大に対し、引き続き最大限の警戒を保持していただきますようお願いします。

【感染警戒期の4つのポイント】

○感染回避の継続徹底

○体調異変時は休んで受診 

○緊急事態宣言地域等との往来自粛

○当面はルールを守った会食実施