ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 10月1日から県独自警戒レベルを感染警戒期に引き下げ

10月1日から県独自警戒レベルを感染警戒期に引き下げ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月1日更新

10月1日から感染警戒期へ

新型コロナウイルス感染症対策について、9月29日、中村時広愛媛県知事は10月1日より愛媛県独自の警戒レベルを「感染対策期」から「感染警戒期」に引き下げると発表しました。県外との一律の自粛は求めることはせず、県外往来については十分注意し、訪問先の知事の要請内容や訪問先エリアの感染状況を必ず確認し、現地の注意事項の従うよう求めました。会食は感染リスクの高い行動のない人と10人以下で長時間を避け、「様子を見ながら段階的に行ってほしい」と県民に訴えました。

県民の皆さんへの協力要請の概要

県外との往来 ⇒ 一律の自粛は求めないが、県外往来には十分注意

  1. 訪問先の知事の要請内容や訪問先エリアの感染状況を必ず確認し、現地の注意事項に従う
  2. 感染リスクの高い行動を避け、感染回避行動を徹底
  3. 感染が十分に減少していない地域の訪問は、特に注意

【感染が十分に減少していない地域】

  • 新規陽性者数がステージ3相当(10万人あたり週15人以上)の地域
  • 緊急事態宣言等の適用解除後、行動制限が段階的に緩和される地域

松山市との往来注意 ⇒ 直近の感染状況を踏まえ、松山市及び新居浜市は外出注意 

会食注意

  1. 感染リスクの高い行動のない人と、10人以下で
  2. 長時間を避けて
  3. 感染対策が徹底されているお店で
  4. 大声を出さない、羽目を外さない
  5. 少しでも体調に異常があれば出席しない、させない

飲食店の不特定多数を集め、混雑が予想される催しには参加しない(継続)

 特に活動的な20代、30代の皆さん

密にならないように感染防止対策を徹底し、慎重に行動を

【第5波の感染事例】

  • マスクを外して行うスポーツや趣味の集まり
  • 長時間にわたるグループでのパーティ、宅飲み、レジャー、バーベキューなど