ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

命の授業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月14日更新

 本日、「命の授業」を行いました。この命の授業は、内子町保健福祉課の主催により、赤ちゃんとふれ合ったり、赤ちゃんのお母さんのお話を聞いたりする体験学習です。また、体験学習の後で、各学年に分かれて赤ちゃんができるまで、赤ちゃんの育て方などを学ぶ時間を設けました。

 授業に先立ち、生徒会を中心として、体育館を清掃し、清潔な場所に赤ちゃんたちを迎える準備をしました。

  23   

 命の授業の前半は、生徒が赤ちゃんとおもちゃで遊んだり、赤ちゃんのお母さん・お父さんとお話しをしたりして、コミュニケーションを深める楽しい時間を過ごしました。生徒も積極的にふれ合い、抱っこしたり相手をしたりしていました。

5   6

7   8

 命の授業の後半は、保健福祉課の方から赤ちゃんについて学びました。生徒も各学年で、自分の赤ちゃんの頃について発表したり、赤ちゃんを育てる楽しさ・大変さについて話し合ったりました。

9

11

10

 このような学習を本校で行えたことは、「命」について考える良い機会となりました。

保健福祉課のスタッフや、参加いただいた親子の皆さまには、心よりお礼と感謝を申し上げます。