ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年度8月

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月8日更新

内子町いじめ対策子ども会議   8月22日(火曜日)

   町内各小・中学生の代表者が集まり、いじめ防止に関連した活動の紹介や話合いを行いました。
   あいさつ運動や仲間意識を育てる集会など、多くの学校で同じように取り組んでいることもあれば、
学校らしさを表したユニークな活動もありました。また、他校の昨年の取組を参考に、新たな活動を
している学校もありました。
1 2
 後半ではグループ討議を行いました。司会者や担当の先生方が班員の意見をうまく引き出していたので、活発な意見交換ができていました。
 こういった取組が、いじめ防止に繋がっていくように、みんなで協力していきましょう。

山の神火祭り   8月15日(火曜日)

「燈籠祭り」とともに小田地区を代表する「山の神火祭り」が行われました。
歴史は古く、毎回遠くから車で観に来る人も多いようです。
1 2
寺村地区の中学生や小学生が練り歩きに参加しました。
田んぼの中に設置したステージでは、アイドルグループの歌や国民体育大会の
炬火式が行われたり、バンド演奏の披露があったりと、お祭りを盛り上げていました。

暗くなるにつれ、山裾や田んぼの畦道に設置した灯りが、とても幻想的になりました。
2回に分けて打ち上げられた花火も、とても見応えがありました。

ボランティア訪問    8月2日(水曜日)    

   毎年夏休みに行っているボランティア活動で、生徒会役員を中心とした希望者20名以上の
参加者が「緑風荘」と「ふじの園」を訪問しました。
  午前中はお話しをしたり、掃除をしたりしました。午後は、練習してきた踊りや歌を披露したり、
ゴム風船でバレーボールを行ったりして、楽しみました。
1 2
   普段は車椅子に座って大人しそうな人でも、風船が近づくと意外に素早い動きになる光景が
何ともほほえましく感じました。
3
おじいさん、おばあさんたちに少しは楽しんでいただけたと思います。