ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 環境政策室 > 平成19年度 エコオフィスプラン&環境自治体スタンダード(LAS-E) 取組状況及び監査結果

平成19年度 エコオフィスプラン&環境自治体スタンダード(LAS-E) 取組状況及び監査結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月30日更新

 内子町では、平成18年度から環境自治体会議環境政策研究所が行っている認証制度「環境自治体スタンダード:LAS-E(LAS-E:ラス・イー)」の取得を目指して取り組んでおり、平成18年度には第1ステージの3部門(エコアクション部門・エコマネジメント部門・エコガバナンス部門)を取得しました。

 平成19年度については、昨年度取得した第1ステージを維持していくこととしていますが、この認証制度の特色は、その自治体独自の目標を設定することや、監査を町民の方が参加することなどが必須となっており、役場だけでなく町民の方々と協力していくことで、環境にやさしい取り組みを町全体に広げていく効果が期待できます。

 ここでは、平成19年度のエコオフィスの取組と合わせて、LAS-Eの目標達成状況をお知らせします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)