ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 五十崎中学校 > 五十崎中学校 校歌・校章
年間行事計画予定表
学期行事予定表
部活動方針・各部年間活動計画
H30年度 学校教育評価
平成31年(令和元年)度 活動の様子

五十崎中学校 校歌・校章

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月25日更新

校歌

作詞:大川 咲一郎(初代校長)  作曲:佐々木 宣男(愛媛大学教授)  編曲:森本 徳好(県警音楽隊長)

     1 幾千年の昔より
        朝な夕な陽に映えて
        風雪に耐えゆるぎなく
        雄々しく立てる神南備の
        栄姿を心の範として
        そびゆる校舎
         ああ 五十崎中学校

      2 姿も清く悠久に
        己が進路を一筋に
        永遠に求めてとどみなく
        流れて止まぬ小田川の
        心を己が心とて
        集える若人
         ああ 五十崎中学校

      3 古き歴史と新しき
        理想に燃ゆるわが郷土
        強き体とたくましき
        心を持ちて受け継がん
        高き使命にたゆみなく
        進みて止まん
         ああ 五十崎中学校

校章

1

校章の由来

1 この校章は、昭和35年11月15日に制定されたものである。
2 (1) 全形は強固なる一致団結を示す。
  (2) 「中」は中学校の使命を表し、その銀色は統合の理想(=静)を象徴する。
  (3) 「五」は五十崎中学校の校名を金色で打ち出し、統合の理想=(動)を象徴する。
3 本校は、昭和35年4月1日、旧五十崎・天神・御祓の3中学校を統合したもので、その特殊事情から生まれた。