ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 税務課 > 認定長期優良住宅(200年住宅)にかかる固定資産税の減額

認定長期優良住宅(200年住宅)にかかる固定資産税の減額

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

 長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行の日から平成28年3月31日までの間に、次の要件にあてはまる認定長期優良住宅を新築した場合に、当該住宅にかかる固定資産税の2分の1の額が減額されます。

1.要件

 次の要件を全て満たす住宅であること

住宅の要件長期優良住宅の普及の促進に関する法律に規定する認定長期優良住宅
長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行の日から平成28年3月31日までの間に新築された住宅
人の居住の用に供する部分の床面積が当該家屋の2分の1以上である住宅
住宅部分の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下(一戸建て以外の賃貸住宅の場合は40平方メートル以上)

2.減額される期間

3階建て以上の耐火住宅・準耐火住宅新築後 7年間
上記以外の住宅新築後 5年間

3.減額対象床面積など

減額対象面積(住宅部分にかかる)1戸あたり120平方メートル
減額の範囲等上記120平方メートル分を2分の1に減額

4.提出書類

 (1)認定長期優良住宅にかかる固定資産税の減額申告書 
 (2)建築士、指定確認検査機関または登録住宅性能評価機関が発行した認定長期優良住宅であることを証明する書類

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)