ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 住民課 > 後期高齢者医療保険料の納付方法について

後期高齢者医療保険料の納付方法について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月17日更新

保険料の納付方法

保険料の納付方法には、特別徴収と普通徴収の2種類があります。

特別徴収

 保険料を年金から天引きする方法です。
 対象となるのは年金が年額18万円以上ある方で、介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が天引き対象となる年金額の2分の1を超えない場合です。

※ただし、年齢到達・障害認定・転入などにより新たに被保険者となった方は、一定期間は普通徴収(納付書払いまたは口座振替)となります。また、特別な事情により特別徴収ができない場合もあります。

普通徴収への切替

 後期高齢者医療保険料は原則、特別徴収ですが、届け出をしていただくことで普通徴収(ただし、口座振替に限ります)に変更することができます。変更を希望される方は、保険証、印鑑をご持参のうえ、役場窓口にて申請してください。

普通徴収

 保険料を納付書や口座振替で支払う方法です。
 対象となるのは、上記の特別徴収の対象とならない方、もしくは申請により納付方法を切り替えた方、介護保険料が年金天引きされていない場合が対象となります。
 なお、内子町に転入してこられた方、年度途中で被保険者となられた方も一定期間は普通徴収となります。

保険料の納期

 普通徴収は、保険料額が決定した後、年額(12ヶ月分)を7月から翌年3月までの9期に分けて徴収しています。年度途中で新たに被保険者となった方は、年額(被保険者となった月から3月までの月数分)を被保険者となった翌月から3月までの月数に分けて徴収しています。

 納付書払いの方は保険料決定通知書(毎年7月中旬ごろ発送)に全期分を同封していますので、各納付期限までに納付してください。
 口座振替の方は、下記の納付期限の日にご指定の口座より引き落とします。

保険料の納付期限
1期2期3期4期5期6期7期8期9期
納付期限
(口座振替日)
7月末日8月末日9月末日10月末日11月末日12月25日1月末日2月末日3月末日

※納付期限は、各月の末日(12月のみ25日)です。ただし、土・日・祝祭日の場合はその翌日となります。

特別徴収の開始時期について

資格取得時期
(年齢到達、障害認定、転入など)
特別徴収開始時期
4月~6月その年の10月から
7月~9月翌年4月の仮徴収から
10月~11月翌年6月の仮徴収から
12月翌年8月の仮徴収から
1月その年の8月の仮徴収から
2月~3月その年の10月から

 

リンク

 保険料の計算方法など、詳しく知りたい方はこちらのホームページをご覧ください。

  ・愛媛県後期高齢者医療広域連合