ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 住民課 > 国民年金保険料について

国民年金保険料について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

国民年金保険料

  月額:16,490円(平成29年度)

 ※まとめて前払いするなど納め方によって保険料が割引されます。

付加年金

 国民年金保険料に加え付加保険料(月々400円)を納付することで、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされる制度です。
 国民年金第1号被保険者・任意加入被保険者が対象で、申し込んだ月から納めることができます。

 ※国民年金保険料の免除、猶予、学生納付特例の承認を受けている方、国民年金基金に加入している方は利用できません。

付加年金の年金額

 付加年金の年金額=200円×付加保険料納付月数

 【付加保険料を10年間納付した場合】

 ○保険料
   400円×10年(120月)=48,000円

 ○1年間に受け取る年金額
   200円×10年(120月)=24,000円

 ※老齢基礎年金を2年間受給すると、納めた付加保険料と受け取る付加年金額が同じとなり、3年目以降はお得です。

国民年金保険料の納め方

現金納付(納付書でお支払い)

 日本年金機構から郵送される納付書で納める方法です。
 金融機関、郵便局、コンビニエンスストアで保険料を納めることができます。

「使用期限」と「納付期限」の違い

 納付書には「使用期限」または「納付期限」と表示されています。

 ○「使用期限」
    使用期限を経過すると使用できません。

 ○「納付期限」
    納付期限が経過した場合でも期限から2年間はこの納付書で保険料を納めることができます。
    (「納付期限」までに保険料を納めないと障害基礎年金等が受給できない場合があるのでご注意ください)

口座振替

 指定した金融機関の口座から保険料が自動的に引き落とされる方法です。
 ご利用には、年金事務所または金融機関での手続きが必要です。

口座振替による早割

 保険料が該当月の月末に引き落とされる制度で、口座振替による納付のみ利用できます。

 ※通常、保険料の納付期限は翌月末となります。

クレジットカード納付

 クレジットカードにより定期的に納付する方法です。
 ご利用には、年金事務所での手続きが必要です。

国民年金保険料の割引額について(平成29年度)

現金納付・クレジットカード納付

納付方法(お支払い回数)年間の保険料割引額
毎月納付(12回)197,880円なし
6ヶ月前納(2回)196,280円1,600円
1年前納(1回)194,370円3,510円
2年前納(1回)379,560円14,400円

 ※平成29年4月より2年前納を利用できるようになりました。

口座振替

納付方法(振替回数)年間の保険料割引額
毎月納付(12回)197,880円なし
早割(12回)197,280円600円
6ヶ月前納(2回)195,640円2,240円
1年前納(1回)193,730円4,150円
2年前納(1回)378,320円15,640円

 ※「毎月納付」は翌月末振替、「早割」は当月末振替となります。

社会保険料控除について

 国民年金保険料は全額「社会保険料控除」の対象となります。
 「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が毎年11月上旬に日本年金機構より郵送されます。
 (10月以降に、その年初めて国民年金保険料を納めた方は翌年2月上旬に郵送されます。)

国民年金保険料を納めることが困難な方

 ・免除・納付猶予・学生納付特例について