ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

登貴姫の墓と八房の梅

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年2月25日更新

登貴姫の墓と八房の梅の写真

 寺村の清盛寺境内に、平清盛の5女登貴姫の墓と「八房の梅」と呼ばれる梅の古木がある。

 平安末期、登貴姫は家来と共にこの地に落ちのびてきたが、わずか1年4ヶ月後の文治2年(1186)に病没した。家来や村人たちは、境内に五輪の塔を建て手厚く葬ったと伝えられている。八房の梅は、姫の袂にあったものが植えられたとされており、今でも美しい八重の紅梅を咲かせている。

登貴姫の墓と八房の梅へのアクセスマップ

所在地内子町寺村 清盛寺