ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 学校教育課 > 通学路合同点検を実施しました

通学路合同点検を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月9日更新

 内子小学校の通学路で危険箇所として要望が出てきた箇所について、平成28年10月24日(月曜)午前15時30分より関係機関と合同点検を実施しました。

 現地は「町道護国論田線」と「町道高昌寺線」で国道56線から愛媛ゴルフクラブに向かう区間です。道幅がせまくて歩道もなく、ゴルフ場に行き来する車がスピードを落とさないという危険な状況のため、通学路標識や速度落とせ標識の要望が出ています。今回の点検参加者は、内子町安全協会、内子町教育委員会、内子小学校、PTA、大洲警察署、内子町建設デザイン課の担当者です。現地を歩いて確認しながら今後の対策について協議を行いました。  

 内子小学校では、登下校時の安全指導の中で注意喚起し、安全確認を必ず行うように周知徹底を行っています。

 町道の道路管理をする建設デザイン課は、より安全に利用できるように標識の設置を行うこととしました。 

 今後についても各組織が協力しながら、児童生徒や住民の方が町道を安全に利用できるように対策を行うことを申し合わせました。

(※内子町教育委員会では、「通学路交通安全プログラム」を作成し、必要に応じて関係団体とともに合同点検を実施することとしています。)

交通安全プログラム [PDFファイル/1.37MB]

危険箇所図 [PDFファイル/873KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)