ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 総務課 > 景観法に基づく届け出について

景観法に基づく届け出について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月8日更新
 内子町においては、町域全域を景観計画区域とし、そのうち地域特性を持ち、その特性に応じたきめ細かい景観形成が必要な区域を、景観計画重点区域として指定しています。
 景観計画区域(景観計画重点区域を含む)において、建築物の建築行為を行う際には景観法第16条で規定された届け出を行う必要があります。届け出の際には『景観法』、及び『内子町景観まちづくり条例』の規定に基づくとともに、『内子町景観まちづくり計画』で定められた行為の制限に適合するよう配慮してください。

 平成21年4月1日以降に新築される場合など(届出対象行為)については、届出が必要となります。
(詳細は「届出対象行為」を参照してください。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)