ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 総務課 > 小さくてもキラリと光るまちづくりをめざして  内子町地域おこし協力隊を5名募集します!

小さくてもキラリと光るまちづくりをめざして  内子町地域おこし協力隊を5名募集します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月19日更新

内子町は、愛媛県のほぼ中央部に位置し、県都松山市から南西へ約40kmの地点にある町です。「町並
み、村並み、山並みが美しい 持続的に発展するまち」をビジョンに掲げてまちづくりを推進しています。  神南山からの内子町の景色

 
市街地には、江戸から明治期にかけて繁栄した歴史的な町並みや、歌舞伎や文楽にも使用する木造芝居
小屋「内子座」が保存されています。また、棚田百選の棚田や、木造屋根付橋や水車小屋など美しい農村
風景も残っています。さらに、標高1,300m級の四国山系には、広大なブナ林を有する小田深山国有林があ
るなど自然環境にも恵まれた町です。
泉谷の棚田


今後も自然や伝統文化を活かしながら、小さくてもキラリと光るまちづくりを発展させるため、地域おこし協力隊
を募集します。地域住民と汗を流し、町に活力を与えられる発想力・行動力のある方のご応募をお待ちしています。
内子町地域おこし協力隊員

~募集要項~

業務内容

御祓地域活性化コーディネーター(1名)


 御祓地域は棚田百選にも認定されている『泉谷棚田』をはじめ、地元有志らにより設置された屋根付き橋の『常盤橋』、廃校を活用してオープンしたコミュニティ・カフェ『御祓の里』、棚田の農家さんの倉庫を改装してオープンした宿『花穂』等、豊かな自然環境や地域資源が豊富な地域です。しかしながら、過疎化により環境保全の維持や、地域活動の低迷をまねいているのが現状です。そこで、地域資源を最大限に活用しつつ、新たな発想と行動力を活かした活動を企画・運営し、御祓地域の総合的な活性化を目指す活動に取り組んでいただける方を募集します。

<ミッション>
・『御祓の里』や『花穂』を活用した一体的な経営
・御祓地域の特色を活かした新たな特産品の商品開発及び地域ブランド化の展開
・地域活動が困難になりつつある問題について、先進的な取組みを行うことで、御祓地域が現在抱えている問題の解消と緩和につなげる

<求める人物像>
・年齢25歳以上~40歳代で普通自動車免許を取得している方。男女不問
・PC等で情報発信のできる方
・社交性に優れ人との繋がりを大切にしてくださる方
・田舎暮らしが苦にならない方で、施設の経営能力や地域のコーディネート力を有する方

<勤務地・活動エリア>
出勤場所:旧御祓小学校跡地、五十崎自治センター事務所
活動エリア:内子町御祓地域


棚田保全及び農業交流員(1名)


 御祓地域にある泉谷の棚田は、棚田百選の中でも最も傾斜のある田んぼで、それゆえ景観はすばらしい反面、耕作は非常に困難な場所です。現在、この棚田を維持する農家は3軒で、棚田を引き継ぐ人材を求めています。泉谷棚田は、20年近く都市と農村の交流事業を続けており、多くの人がここを訪れます。平成29年には、倉庫を改修した宿泊所『花穂』も整備し、棚田のブランド米やどぶろく製造など、農業+加工+交流というビジネスモデルに挑戦し、次代を担う後継者の定住につなげる取り組みをしております。

<ミッション>
 棚田を耕作しながら、これまで培った交流事業の発展、棚田米のブランド化、米その他の加工品の製造販売を行うことで、棚田を活かし生業とするビジネスモデルをつくる。

<求める人物像>
 棚田での農作業及び技術習得に耐えうる健康な方

<勤務地・活動エリア>
出勤場所:内子町北表 泉谷の棚田
活動エリア:内子町御祓地域


農村部活性化活動支援担当(1名)


 内子町は、町並みだけでなく、村並み、山並みの魅力を多くの人に体感してもらうことを目的に農泊推進事業に取り組んでいます。この事業を推進していくため発足した地域協議会のメンバーとして、モデル地域に選ばれた石畳・御祓・小田の3地区の地域と人をつなぎ、農村部の魅力の発信や農泊事業に取り組んでいただける方を募集します。

 <ミッション>
・農泊事業の推進
・地域のツアーガイドや体験のインストラクター
・SNS等での農村部の魅力や情報の発信

<求める人物像>
・人との交流や写真や映像を撮るのが好きな方
・SNS等による情報発信に興味のある方
・インバウンド対応も想定されるため、語学のスキルがあれば最良

<勤務地・活動エリア>
出勤場所:内子町役場内子分庁
活動エリア:内子町全域


内子町の観光を元気づける観光マネージャー(1名)


 内子町の観光は、伝統的な景観形成によって、歴史的な環境や伝統文化に浸りたい観光客が多く訪れています。そのため、まちの個性を活かし古民家の宿や豪商の館を活用したレストラン、伝統的な農家を移築した宿など、地域資源を活かして使う手法に特化しながら官民ともに振興しています。     
 この地域経営をもっと活発にしていこうと、内子町観光協会は一般社団法人内子町観光協会に組織を変え、ワンランクアップした観光振興に取り組むことになりました。業務は、新組織を活発に動かしながら、地域に眠っている観光資源を掘り起こし、出てきたものを磨き、光を当てさせ、訴求活動により誘客につなげていく想像力を働かせる業務です。

<ミッション>
・内子町観光協会の組織運営をサポートする。
・地域資源を発掘するため、地域のコミュニティ活動に参加し仲間作りをする。
・着地型旅行商品のコンテンツを着想してつくり、商品造成及び販売できるようブラッシュアップする。また、ガイドを養成する。

<求める人物像>
・年齢25歳以上~50歳代で普通自動車免許を取得している方
・男女不問・PC等で情報発信のできる方
・社交性に優れ人との繋がりを大切にしてくださる方
・好奇心旺盛で前向き。組織の経営能力を高めるとともに地域マネジメント力を高める意欲のある方

<勤務地・活動エリア>
出勤場所:内子町ビジターセンター(内子町観光協会事務所)、内子町観光振興拠点施設(内子町観光案内所)
活動エリア:内子町全体


教育魅力化コーディネーター(1名)


 愛媛県立小田高等学校は、地域社会を担う人材の育成を目指すとともに、魅力ある学校づくりに取り組んでいます。”学校と地域”、”生徒と地域”をつなぐコーディネーターとして、地域資源を活かした特色ある教育の企画運営、質の高い教育環境づくり等に取り組んでいただける方を募集します。

<ミッション>
・内子町小田地区をフィールドとする「小田高版起業家教育プログラム」の企画・運営
・地域や学校の特色を生かした生徒募集活動
・中山間地域における質の高い教育環境づくりに向けての戦略づくりとその実行等

<求める人物像>
・地域の将来を担う人材の育成に関心がある方
・学校や地域の文化を尊重し、調和を楽しみながら関係性を構築できる方
・自身の経験を活かしながらも、既存の方法や枠組みにとらわれることなく、常に柔軟に挑戦できる方

<勤務地・活動エリア>
出勤場所:内子町役場小田支所、愛媛県立小田高等学校
活動エリア:内子町小田地域

募集対象

(1)平成31年4月1日現在で概ね20歳以上50歳以下の方(性別は不問)
(2)3大都市圏を始めとする都市地域等(過疎、山村振興、離島振興、半島振興法等に指定された市町村以外)に住所を有 しており、採用決定後に内子町が指定する地域に移住し、住民票を移せる方
(3)普通自動車免許を取得している方
(4)地域住民や現場スタッフと協力して活動ができる方
(5)雇用期間終了後も内子町で定住の意欲がある方
(6)パソコン操作(ワード・エクセル・パワーポイントによる資料作成及びメールのやり取り)ができる方

勤務時間

(1)勤務時間は1日7時間45分、週5日を原則とします。
(2)休日は、週2日と祝日、年末年始です。そのほか、有給休暇・特別休暇あり。

雇用形態・期間

(1)内子町の嘱託職員(非常勤一般職)として採用します。
(2)採用期間は、平成31年4月1日から平成32年3月31日までの1年間。ただし、活動実績により、最長3年まで更新することができます。

給与・賃金等

月額166,000円(社会保険料等自己負担分含む)
※年2回の一時金166,000円支給有り。

待遇・福利厚生

(1)社会保険等(雇用保険、厚生年金、健康保険)に加入します。
(2)雇用期間中の住居は無償貸与します。(光熱水費等は自己負担)
(3)自家用車を持ってこられた場合は、燃料費等を支給いたします。
(4)事務所で使用するパソコンを貸与します。

申込受付期間

平成30年8月19日(日曜日)~平成30年10月31日(水曜日)
※教育魅力化コーディネーターの応募については、随時受付しております。(採用が決まり次第、募集を終了いたします。)

 

 

応募方法

 

 

 

■提出書類
以下のとおり、応募用紙とレポートを作成してください。
 (1)応募用紙(内子町地域おこし協力隊応募用紙 [Excelファイル/21KB]
 
 (2)レポート(以下、希望する業務ごとのレポートテーマに沿って作成してください。形式は自由です。)
   御祓地域活性化コーディネーター:
   「あなたの強みを活かした御祓地区活性化への方策」

   棚田保全及び農業交流員:
   御祓では過疎地域の山奥で(農業+αの生業づくり)がキーワードです。あなたの強みを生かしたαとはなんでしょう。

   農村部活性化活動支援担当:
   「あなたの強みを活かした農村部での観光ビジネスの方策」

   内子町の観光を元気づける観光マネージャー:
   「観光によって、地域が元気になるマネージャー像とは」

   教育魅力化コーディネーター:
  
 「あなたの強みを活かした小田高校教育魅力化の方策」

■提出先
提出書類が整いましたら、以下の宛先まで提出してください。
 (1)郵送の場合
  〒795-0392 愛媛県喜多郡内子町平岡甲168番地
    内子町役場 総務課政策調整班 定住促進係まで
 
 (2)電子メールの場合
  写真貼付・押印した応募用紙・レポートをPDF化し、下記のアドレスに送信してください。
  送信先アドレス:soumu-g@town.uchiko.ehime.jp

■応募締切
  平成30年10月31日(水曜日)必着
  ※教育魅力化コーディネーターの応募については、随時受付しております。(採用が決まり次第、募集を終了いたします。)

  

選考方法

■1次選考
 応募書類により選考し、結果を平成30年11月中旬~12月上旬に応募者全員に文書で通知します。

■2次選考
 平成31年1月中旬~2月上旬に1次選考合格者について面接を行います。(交通費・宿泊費の一部を助成)

■最終選考結果
 平成31年2月中旬までに2次選考参加者全員に文書で通知します。

■採用日
 平成31年4月1日

※教育魅力化コーディネーターの1次、2次選考は随時実施し、結果は分かり次第文書にて通知します。

参考URL内子町地域おこし協力隊Facebookページ(https://www.facebook.com/uchiko.chiikiokoshi
内子公式観光サイト「内子さんぽ」(http://www.we-love-uchiko.jp/

 【お問い合わせ先】
内子町役場 総務課政策調整班 定住促進係
〒795-0392 愛媛県喜多郡内子町平岡甲168番地
Tel:0893-44-6151(直通)
Email:soumu-g@town.uchiko.ehime.jp