ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長室へようこそ > 平成27年6月 町長あいさつ

平成27年6月 町長あいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月15日更新

6月のごあいさつ

 皆さん、おはようございます。これから本格的な梅雨に入ります。梅雨前線が活発になり、色々な災害が起こることも考えられます。気象情報には十分注意して対処していただきたいと思います。

 先般、マレーシアの元首相であるマハティールさんが愛媛に来られました。マハティールさんは、アジア、世界を代表するリーダーのお一人です。現役は退かれていますが、未だにあの方の言動は、世界、特にアジアの政治を動かす程の大きな影響力を持っています。

 マハティールさんの今回の来県は、愛媛のみかんの研究所を見てほしい、愛媛の人と触れ合ってほしいということで中村知事が招待されました。知事には、来年にクアラルンプールで開催する「愛媛フェア」のために地ならしをしたいという思いがあったのではないかと思います。ちょうど内子にも寄られました。内子に来られたのはお昼頃で、オーベルジュ内子で昼食をとっていただきました。特に総務課の皆さんが中心になり歓迎をしていただきました。ジムのプールで泳いでおられた皆さんも大勢来られて歓迎をしていただきました。オーベルジュの皆さんも総出で対応していただきました。その後の記者会見の席でマハティールさんは、「本当においしい料理を食べさせていただきました。料理人さん、ぜひクアラルンプールへ来てください。私たちの食事も作ってください。素晴らしい料理でした。」とお褒めの言葉をいただきました。新聞には載っていなかったようですが、このことは、次の日に県庁で行われた記者会見の席でもおっしゃっておられたと知事からお聞きしました。私たちは、そのような素晴らしい施設が内子にあるということを誇りに思うと同時に、マハティールさんに立ち寄っていただいた町だということに対しても誇りを感じるわけであります。少し時間がありましたので、駆け足でしたが内子の町並みをご案内いたしました。短い時間ではありましたが内子で過ごしていただきましたことは、内子町を外に発信するいいチャンスになったと思います。

 ご承知のように、からりが全国道の駅のモデルに選ばれたり、内子座の重要文化財指定に向けての答申が出されたりしました。つい最近、5月20日に青柳文化庁長官が内子に来られて、文化庁長官表彰の式典を内子座で行いました。こうして様々な形でマスコミが内子町を取り上げてくれております。私たちに、内子町について改めて考え直してみる、誇りに思い自信を持ってまちづくりをしていく、そういう気持ちにさせたのではないかと思います。

 大事なことは、「町並み・村並み・山並みが美しい持続的に発展するまち」をつくっていくという、大きな方向性がぶれないことだと思っております。今回の文化庁長官表彰、世界の要人が来られるというのも、やはり内子のまちづくりが評価されたと思っています。しかし、それは一朝一夕にできるものではありません。今日やったから明日、今年やったから来年と、すぐに結果は出ないわけです。何年も何年も、我慢強く積み上げていく時間とエネルギーがかかります。町の人たちが、この町に愛着を持って今日まで頑張ってくださった、また職員の皆さん方も一生懸命、大きな方向に向かって頑張ってくださったおかげだと私は思います。

 今年の3月、さらにこれから向こう10年に向けて、「町並み・村並み・山並みが美しい持続的に発展するまち」を目指しましょう、大きな旗を降ろさずにこれからもやっていきますよ、ということを皆さんで確認いたしました。内子町総合計画の第2ラウンドがこれから始まります。簡単な道ではありません。大変ないばらの道かもしれません。しかし愚直にこれをやりきる以外にありません。

 実は、内子座100周年に向け、6月9日に東京で記者発表をする段取りができました。狂言でお世話になっております茂山千三郎さん、そして野村万蔵さん、東西狂言の競演を子どもたちと共に10月29・30日に内子座で行います。これを東京で記者発表しましょうということで今準備を進めております。その席には、森山未來さんも入ってもらって頂く予定です。これによって、おそらくまた大きな反響が出るだろうと思います。特に森山さんは、一ヶ月間内子に滞在していただいて、7月11・12日に内子座で公演をします。全国から大勢のファンの皆さんが内子に来てくださると思っております。そういう意味で、これからもどんどん情報を出していく、そして外からも来ていただく、いい意味で内子のファンをたくさんつくっていく、これはまさに内子の戦略だと思っています。

 これから非常に忙しくなります。議会も控えております。みんなで力を合わせて共通意識をしっかり持って乗り切っていかなければならないと思います。6月もどうぞよろしくお願いします。

マハティールさん(左):稲本町長(中央):上甲副知事(右)

写真の説明:オーベルジュ内子の前にて、左からマハティールさん、稲本町長、上甲副知事