ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > せんの森プロジェクト > やまなみ日記 2010春

やまなみ日記 2010春

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年5月31日更新

 宇和島自然科学教室の皆さんと小田深山の散策を行いました。 2010年05月29日(土曜日)

 今日は、宇和島から自然科学教室の皆さん(小学生130名)が小田深山に来られました。
 宇和島自然科学教室の皆さんは、年間を通じて海や山の自然観察や体験活動を行っており、山の自然を見に行こうということで、今回自然豊かな小田深山にお越しいただきました。
 宇和島からバス6台で2時間弱の道のり。往復の時間の関係で3時間ほどの散策でしたが、Odaの木協会高本さんの案内で川の流れや巨木などを見ながら散策を行い、いろいろな自然に出会えた1日となったと思います。

stat←小田深山小学校のグラウンドで開会式。

久しぶりに、たくさんの小学生の声がグラウンドいっぱいに響きます。
stat2

←散策出発前。

班に分かれて出発です。長時間の移動で疲れているかなと心配しましたが、元気いっぱいです。

akisada←安芸貞渕の橋わたり。

小田深山に来たのは初めてのようで、安芸貞渕や吊り橋は大人気でした。
game←散策をしながらのゲームでは、たくさんの笑顔を見ることができました。
oh←ん。

川のほうに何かを見つけた様子。
pees←五色河原。

渓流の自然に囲まれながら、ピース!!。
hiya←どうしても触りたくなります。

つめたーい!!!。
mawari←廻り岩の丸木橋。

散策の最後には、ドキドキスポットの「丸木橋」をわたりました。

うわー!
lanch

←河原での昼ご飯。

自然の中で食べるお弁当はとても美味しいことでしょう。

twar←昼食の後は、河原の五色の石を高く積み上げるゲーム「ストーンタワー」に挑戦しました。

みんな工夫しながら石を積み上げました。
saigo←ガイドいただいたOdaの木協会の高本さんから、最後に自然についてお話しいただきました。

自然を肌で感じながら、自然の良さや、大切さを学ぶことができたと思います。

  せんの森クラブ結成!! 18名の会員で活動スタートです。 2010年05月27日(木曜日)

  今年度より、活動の主体となる「せんの森クラブ」を結成しました。町内外の18名の皆さんの参加をいただき活動スタートです。
 クラブは自然保全活動や自然ツアーをテーマとした「自然クラブ」。また、森林整備や木材の活用をテーマとした「木こりクラブ」の2つのグループで月1回の定例会を中心に活動を行います。
 楽しく活動を行いたいと思います。年間を通じて会員を募集しております。興味のある方は是非ご参加下さい。

club

↑会員の皆さんです。
楽しく活動して、魅力あるせんの森クラブにしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。 
新入会員募集しています。

 春の特別企画!!「新緑の写真展」(担当者が撮ったもの自薦です。(^_^;))2010年05月20日(木曜日)

 今日は、丸石谷のブナ林と渓流をご案内しました。雨上がりの写真日和ということで、担当者も小田深山の美しさを皆さんにお伝えするため一生懸命写真を撮りました。瑞々しさが伝わればと思います。


kiri

←題名「霧のブナ林」

ten

←題名「ブナ林の天井」

michi

←題名「ブナこみち」

kei

←題名「けむる渓流」

fuzimi

←題名「藤見河原の新緑」

fuzi

←題名「藤の花せせらぎ」

momizi

←題名「岩の上にも何十年?」
(説明:岩を突き破るように紅葉が生えています。)

gosiki

←題名「五色河原の新緑」
(説明:苔が黄色く見えるのは、小さなマンネングサの花がいっぱい咲いているからです)

 今日の渓流。2010年05月17日(月曜日)

 町内の小学生のキャンプの打合せで、本日も小田深山へ行きました。毎回言っていますが、今、新緑がピークです。

cyou←チョウチョが、いっぱい飛んでいます。春ですねー。
iwa←良い日和で、「腰のばし岩」もほほえんでいます。
tutuzi←岩ツツジと渓流。
今、岩ツツジがピークです。薄紫の花が綺麗です。
gosiki←先生方と、キャンプの内容などを話しながら、散策コースを歩きました。
この河原(五色河原)はとても良いですね。と、小田深山の良さを感じられていました。
7月のキャンプが楽しみです。
tonneru←広葉樹のトンネルも木漏れ日と、涼しい風でとても良い感じです。
nizi←学校付近でシューという音。
まさかと思ってのぞくと、「虹」が出ています。

綺麗なのですが・・・

渓流調査を行いました。2010年05月15日(土曜日)

 2回目の春の渓流調査を、小田深山の支流で行いました。新緑の季節の新しい自然景観を発見しました。
 新緑今が見頃です。心地よい風と光る緑を見に是非小田深山へきてみて下さい。

ha←カエデやミズナラなどの新しい葉っぱが、太陽光で輝いています。
tani1←あまり見たことのない渓流の写真だと思います。
今日は、めったに入らない谷を調査しました。

正面の大岩の裏は、滑り台のようになっていて、そこを水が勢いよく流れています。
tani2←前の写真を撮った場所から、下流へ向いて撮った写真です。とても落差があります。

ここの渓流は、日頃よく見るゆるやかな小田深山渓谷とは違って、ゴロゴロした大きな岩と、高さでとても荒々しい感じがします。
tani3←両脇の大岩が、水門が開いているように見えます。谷ごとに個性があり、いろいろな自然景観を発見することができます。
sida←十文字シダ
左右に出た小さい茎と、縦に長く伸びた茎で「十」の形をしているから「十文字シダ」ということです。
matu←大きな岩の上に、松の大木とシャクナゲの花の群生があります。
オー!っとみんなで見上げています。
hiru←今日もお昼に学校で「山路ごはん」をつくって食べました。新緑を見ながらのランチは最高です。

「春の水道の手入れ」 2010年05月14日(金曜日)

 今日は、活動拠点の旧小田深山小学校の水道施設の手入れを行いました。水源地の整備やホースの張り替えを行いました。水源地は、なんと山を越えた奥の谷にあり、笹をかき分けながら水源地へ向かいました。水源地は、一面綺麗なブナの森で、あらためて自然や水のありがたさ、森と水の美しさを感じました。

nizi←渓流に虹のアーチ発見。
川の上に、綺麗な虹が架かっています。
実は、手前の水道ホースが裂けて、勢いよく水か噴射しています。
綺麗なのですが、今日はこの水道ホースを手分けして直しました。
michi←谷の上の水源地を目指し笹をかき分け歩きます。
結構傾斜がきついのですが、若葉の森を楽しみながら奥へ入りました。
hapa←見上げれば
青空の下、若葉がとてもきれいです。
今、小田深山は緑の綺麗な季節となりました。
tanku←水源地のタンクに到着。
ホースを修理するため、水を止めて作業をします。
毎年行いますが、結構大変です。
mori

←水源地近くの森
この森からの水を、学校まで引いています。

ありがとうございます。

hasi←途中、古い丸木の橋にたくさんの木の芽が出ている場所がありました。

土の上に落ちたかったのだと思いますが、橋の上でも、がんばって成長しています。
hana←シャクナゲの花
今、小田深山の切り立った岩場にいっぱい咲いています。花がまとまって大きいので、遠くからでも綺麗に咲いているのが分かります。

若葉が徐々に出始めました。2010年05月06日(木曜日)

 毎年この時期に、面河川漁協の皆さんが「アメノウオの稚魚」の放流を行っています。今日は、そのお手伝いで谷の奥に入り稚魚を放流しました。稚魚は5cmくらいの大きさで元気よくピチピチと泳いでいます。大きくなれ!と思いながら川へ放ちました。
 山や渓流沿いは、少しずつ若葉が目立つようになりました。植物や動物が育つ「春の季節」を感じました。

wakaba←写真右側。若葉の緑が見られます。後ろのヒノキの緑とくらべると、光るような緑色です。
sinme←近づいてみると。

人差し指のところからが「新芽」です。
結構伸びています。
chigyo←アメノウオの稚魚。
バケツに入れて放流しますが、中は大変な混雑のことと思います。

これで、1000匹くらい入っているそうです。
houryuu←河原で放流します。元気よく泳いでいきます。が、小さいので、あまり流れの急な場所には行けない様子で、みんなで群れになって泳いでいます。
kodomo←小さいアメノウオは、とてもかわいらしい感じです。みんな大きくなって下さい。
minasan←面河川漁協の皆さん。
大きな水槽に入っている最後の1匹まで、丁寧にすくい出して放流していただきました。「魚を愛しておられるのだな」と、とても感じました。
iwatutuzi←岩ツツジです。ミツバツツジとは違い、花がピンク色です。これから渓流沿いにたくさん咲きます。
kusahana←ちょっと変わった草の花を発見しました。???
warabi←ワラビです。

林道沿いにいっぱい出ています。
kosi←これは何でしょう。

愛媛ではあまり食べられていないようですが、コシアブラの新芽です。
高知の方では、タラの芽以上に珍重されている山菜ということです。近づいてにおってみると、タラの芽とは違った山菜のにおいがします。

 

5月5日 五十崎大凧合戦で「せんの森」凧を飛ばしました。2010年05月05日(水曜日)

  5月5日五十崎大凧合戦で「せんの森」凧が元気よく飛びました。
 kimichan’sの皆さんのごご好意で、せんの森プロジェクトロゴマークの凧を揚げて頂きました。合戦中は、とても元気よくあげて頂き大活躍の「せんの森」凧でした。(そういえば、ロゴマークキャラクターの名前をまだ決めてないですね!)
minasan←kimichan’sのマークがあるにもかかわらず、「せんの森プロジェクト」を応援しようということで、「せんの森」ロゴマークの凧を作成いただき、揚げていただきました。テレビにも写っていたようです。本当にありがとうございます。

ゴールデンウイークの小田深山 2010年05月03日(月曜日)

 ゴールデンウイーク。小田深山はたくさんの皆さんが、渓流沿いでのキャンプや釣りで、自然を満喫されていました。
小田深山は、これから徐々に新緑の季節になっていきます。休日には、是非小田深山で自然を感じてみませんか。
ki← くるみの木の前で、石飛びをしたり水に触ってみたり。
大きな木の前に立つと、あらためて自然の大きさを感じます。
turi← たくさんの方が渓流釣りを楽しまれています。
turi2

← よいしょ・・・。ポチャ。

流れのゆるいところにアメノウオはいるようです。

川の流れや、鳥のさえずりを聞きながらのんびりと自然の中で過ごすのはとても気持ちがいいです。


 ゴールデンウイークは、小田深山の自然の中で過ごしてみませんか。 2010年04月26日 (月曜日)

 だんだんと山の上も温かくなってきました。春の日差しで、木々や渓流の水も輝きを増してきています。山桜は少しピークを過ぎましたが、見渡すといろいろな春の自然を発見することができます。
 もうすぐゴールデンウイークです。ご家族や、お友達といっしょに「小田深山」の自然の中で、今年の春の思い出をつくってみてはいかがでしょうか。

渓流1

ドライブの際は、是非この河原へ降りてみて下さい。
(旧小田深山小学校から500m下流の場所です。河原には県道標識横の小道から降りることができます)

巨木調査1 2010年04月16日 (金曜日)

 今日は、あいにくの雨模様ですが、春の巨木調査に谷の奥へ入りました。桜も満開に近く、天気が良ければ絶好のお花見日和なのですが、傘をさして谷を登りました。
桜の花まめ
↑ 谷を登っていくと奥に大きな桜が!!↑ 桜の根元まで行くと、大きな豆の殻が落ちていました。桜に巻き付いた大きなカズラのものと思います。
桜計測犬ブナ計測
↑ 桜の背の高さをポール何本分で測りました。
すごい高いです。
↑ 桜の対岸には、大きな「犬ブナ」の木が。こちらも早速計測です。見事な大きさです。
イヌブナ桜
↑ 調査結果1
 樹種 イヌブナ、直径1m20cm、高さ20m
幹がつやつやしていて、元気なブナの木です。
↑ 調査結果2
 樹種 エドヒガンザクラ、直径70cm、胸囲2m20cm、高さ18m
 谷の奥にひっそりと咲いていますが、とても背の高い、見事な桜の木です。

 小田深山もやっと春が来た感じです。 2010年04月14日 (水曜日)

暖かくなったかと思えば寒くなったり、今年の春は変な天気が続きます。小田深山は、まだ、山の頂上は冬のようですが、だんだんと春が登ってきています。日に日に山の上の方の桜も開花してきています。 
山←なんと1,300m以上の山の上には雪が降っています。
山桜←渓流沿いの山桜も咲き始めました。山桜の特徴は、白い大きな花といっしょに赤い葉っぱがでるところです。(普通よく見る桜は、花が終わったあと葉っぱが出ると思います・・・)
満開でも、花が点々としていて、派手さは無いのですが、落ち着いた感じの美しさがあります。
渓流←渓流沿いを歩くと、向こうに紫色の花が咲いていました。
ミツバツツジ←綺麗な紫色の「ミツバツツジ」が咲いていました。
草←岩に引っ付いて咲いている小さな草の花も咲いていました。
(名前わすれました。すみません。)

桜はまだ咲いていません。 2010年04月08日 (木曜日)

久しぶりの温かい日です。もしかして山桜が咲いていないかなと思い、山へ入りました。寒かったからか、まだつぼみも小さく開花は4月下旬から5月上旬といったところです。小田深山の桜は、全国の桜開花予想を見ると、青森や北海道と同じくらいの時期に満開になるようです。ゴールデンウイークにお花見をしたい方は、ぜひ小田深山へ来てみて下さい。

わさび

↑今咲き始めました。沢の水辺の「わさびの花」。

わさび2

↑一見。白い菜の花といった感じです。真っ白な花と、
たくさんの小さなつぼみがかわいらしい感じです。

↓ふと上を見ると大きなサワグルミの木が。高さ18m
くらい。胸高直径1.2mといったところでしょうか。

サワグルミ


平成22年度スタート!! 2010年04月01日 (木曜日)

今日から、平成22年度です。今年度は、クラブの立ち上げや、木工製品開発、また、四季のイベント実施など、さらなる活動の充実を目指します。たくさんの皆さんに参加頂き、楽しく活動していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

昨日まで、道路脇には雪がありました。小田深山の春はこれからです。遊歩道を足下に注意しながら歩いていると、「かたくり」の花が咲き始めていました。かたくりは小田深山でもあまり見ることができなくなった花です。大切に見守っていきたいと思います。

かたくり1

↑もう少しで開くかな。

 かたくり2

↑小田深山のかたくりは、少なくなっています。
「とる」のは写真だけにしてほしいと思います。みんな
で大切に見守りましょう。

 いのしし

↑イノシシ発見!!

 渓流

↑渓流はまだ冬の感じです。雪解け水で水量は多い
です。

 濁度計

↑濁度調査。今日も澄んだ水が流れています。


春もすぐそこまで。 2010年03月29日 (月曜日) 午前 10時47分

平成21年度も少しとなりました。3月に入ってなかなか更新ができず、見て頂いている皆さんすみません。また、来年度もどんどん更新していきますので、よろしくお願いします。
3月に入っても、3、4回雪が降りました。道には「ふきのとう」がたくさん出ています。鳥の鳴き声もにぎわいだしましたが、まだ、雪が残っています。桜が咲くのは、もう少し先になりそうです。

 まんさく

↑3月5日撮影。今年1番最初の木の花「まんさく」で
す。枝ばかりの渓流の中で、黄色く光っています。

 霜

↑3月17日撮影。霜です。とても寒いのでしょう。
5cmくら地面から伸び上がっています。

 やまがら

↑3月24日撮影。やまがらです。深山荘の巣箱で、
大好きな「ひまわりのタネ」をつまんでいます。

 山と桜

↑3月26日撮影。桜とバックに、狼ヶ城、大川嶺の雪
景色です。