ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > せんの森プロジェクト > やまなみ日記 2010冬

やまなみ日記 2010冬

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月16日更新

まだまだ冬です。 2011年2月16日(水曜日)

しばらく上がっていませんでしたが、先週降った雪は、ものすごく積もっています。今も、内子町内とは思えないくらい小田深山は雪いっぱいです。

こんなに!
↑除雪されて通行できますが、道路脇には、積み上げられた雪が胸の高さに達しています。
2
↑スキー場は、平日でもたくさんのスキーやボードを楽しまれる方でにぎわっています。
3
↑右奥に見えるのは、テクノコース。皆さんスイスイ気持ちよさそうに滑っていきます。
4
↑ゲレンデを滑っていると正面に、真っ白な「笠取山1,562m」が見えます。行ってみたいですが、さすがに冬は歩けないでしょうね?!。

冬の小田深山渓谷散策を行いました。 2011年1月29日(土曜日)

冬の美しさを見に小田深山渓谷の散策を行いました。厳しい寒さでしたが8名の方とたくさんの感動を見つけることができました。

1
↑日頃は雪を踏みしめ歩くこともありません。今日は、50cmくらいの雪が積もっている学校のグラウンドを最初に歩いて頂きました。とても歩きにくいですが、新雪を踏む感触はなんとも心地よいものがあります。
23
↑開会式。皆さんこんなに雪があるとは想像しなか
った様子。びっくりされていました。
↑散策スタート。川も木も真っ白です。
45
↑除雪の雪をかき分け、渓流をのぞきます。

↑「すごーい」。こんなに雪が積もっているのは、
実際に見ることは、あまりありません。

67
↑安芸貞渕の橋の上。積もった雪の上から、渕を眺め
ました。
↑本日のツアーメニューには、「水墨画の風景」という
タイトルを付けました。すごい!?自然です。なんと
言ったらよいか分かりません。
89
↑五色河原も雪と岩の造形がすごいです。↑眺めながらお茶休憩。
1011
↑1時間30分くらいでしたが、冬の自然の美しさを
満喫できたと思います。
↑腰のばし岩。寒そうです。

毎日寒さ厳しい小田深山では、たくさんの美しい冬の景観が広がっています。

冬真っ盛り!! 2011年1月28日(木曜日)

2
↑小学校下流の河原。雪が綺麗です。
12
↑雪の上。風の波紋と影↑くるみの大木と渓流に積もる雪
210
↑綺麗な氷。丸くてとても透明なつららです。↑ついに川も凍りました。
56
↑きじもたくさんいます。↑ノッシノッシ。イノシシが雪まみれで歩いていました。
78
↑藤見河原の橋にもたくさん積もっています。↑キャンプ場に積もる雪と木々がとても綺麗です。

雪下ろしを行いました。 2011年1月18日(火曜日)

昨日、深山荘の前を通りかかると、ものすごい雪が屋根に積もっています。これは大変だということで、小田支所、小田自治センターの皆さんで「雪下ろし」を行いました。

1
↑「雪下ろし」。小田に住んでいても、めったにやることのない作業です。滑らないよう十分注意しながら行います。
23

↑深山荘1  80cmくらいの雪の固まりが軒に垂
れ下がっています。

↑深山荘2  屋根一面に重たそうな雪。
45
↑ハシゴで気を付けながら屋根に登りました。↑いざ上がってみると、ものすごい雪です。屋根
全体だと何十トンもあるのでしょう。
67
↑12月下旬から今まで、何十もの層になっています。↑お昼前。何とか半分下ろしました。
深山荘がもうすぐ隠れてしまいそうです。
89
↑休憩~   つめたい。↑なんとか、おおよその雪を下ろすことができました。
やったー。
1110
↑下ろした雪は軒まで達しました。
簡単にジャンプして降りれます。
↑どのくらいの量なのでしょう。
皆さんお疲れ様でした。

今年のとても冬は寒いです。  2011年1月17日(月曜日)

冬の風景を雪をかき分けながら撮影しました。今年、獅子越峠では-13度という気温を記録したとのこと。寒さ厳しくなればなるほど、いろいろなところで冬の自然の美しさを見つけることができます。

つらら
↑こしのばし岩のつらら。3mくらいあります。今年はとても寒いので長いつららができています。この後、どのくらい伸びるか楽しみです。

1

2

↑木の枝に、大小の雪の玉がのっていて、
木に花が
咲いたような感じです。

↑廻り岩キャンプ場の看板も雪に埋まりました。

3

4

↑川も氷りはじめました。(写真上)
氷の上に雪が積もり、氷山のようです。冬の美です。
↑河原は、降った雪に、風の道が(風が削ったあと)
何本も刻まれています。冬の美です。

5

6

↑道路も一面真っ白。何ともいえない開放感があり
ます。
↑町境付近の道路脇の小さな滝。たくさんのつららが
たれています。これほどつららができたのは初めて
見ました。

7

↑学校の下流の鬼ぐるみの木。枝にたくさん雪が積も
っています。河原の石にも70cmくらい雪が積もって
います。

明けましておめでとうございます。 2011年1月14日(金曜日)

新年明けましておめでとうございます。小田深山はたくさんの雪が降っています。今年も「せんの森」の活動を、たくさんの皆さんと行いたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

石鎚山
↑迎春 獅子越峠から石鎚山
1
↑道 真っ白
3
↑道路脇の小屋にも雪が積もっています。
4
↑小学校の屋根 厚さ50cmくらいの雪が垂れ下がっています。
5
↑少しつついて除けました。
6
↑今日は、スキー場は内子小のスキー教室でにぎわっていました。

雪が降りました。 2010年12月9日(木曜日)

町の中は全くでした。まさかこんなに降っているとは!!!。一気に冬到来です。

雪
↑ゆ!雪です。
1
↑道にも、5cmくらい「雪」が積もっています。木々の枝も真っ白です。
2
↑スキー場も真っ白です。オープンに向けて準備をされている様子。たくさんの方に雪を楽しんで頂きたいと思います。
3
↑林道を登り、本日の現場から撮影しました。「うー寒い」。山も自然も引き締まる寒さ厳しい自然の景観。

ネイチャーセンター「プレオープン」 平成2010年12月6日(月曜日)

小田深山小学校の講堂を「せんの森ネイチャーセンター」として、11月27,28、12月4、5の4日間期間限定でオープンしました。秋も終わりに近づいていましたが、ドライブに小田深山へ訪れた方が看板を見て立ち寄って頂きました。

17
↑学校近くの県道沿いに「開館日」の看板を
立てました。
↑入り口
89
↑中。(入り口側から)↑中。(県道側から)
102
↑図書、木工コーナー。二階はカフェコーナーになって
います。
↑施設案内。読書、木工、展示、カフェなどいろいろと
楽しんで頂くためのコーナーを作りました。
34
↑せんの森の活動や、巨樹や紅葉の写真を熱心に
見られていました。
↑2階カフェコーナーでお茶のサービスをしました。
56
↑2階カフェコーナーへ上がるとこんな感じです。
窓の外の風景を見ながら、ゆっくりできます。
↑竹とんぼで楽しんで頂きました。

今年最後の笠取山トレイル。 2010年12月1日(水曜日)

調査で今年最後の「笠取山トレイル」へ登りました。今年、たくさんの皆さんと歩き、たくさんの思い出をつくった道です。「来年もよろしくお願いします」という感じです。

1
↑下の入り口付近の「若いブナの木」。木々の葉っぱが落ちて、今日は全景を眺めることができました。
2                3
↑途中の「萌芽」の林。落ち葉の絨毯に写る陰が綺麗です。    ↑枝が1本私の方へ伸びています。ありがとう。と握手。
4
↑葉っぱが落ちて広い空の下、子どものブナに囲まれて、大きな「乱丸(水ナラ)」がいっそう大きく見えます。
5
↑ここで標高1,300mくらいです。尾根の木々全て葉っぱが落ちました。紅葉の後、白い枝の木々もとても綺麗だと思います。
6
↑頂上間近。バックに空がよく見えます。この時期しか見れない景観です。
7
↑頂上「貝渚山」到着。山並と青空が出迎えてくれます。
8
↑一番高い場所が「笠取山」。ここまで2km。うーーーーん。ありがとう。来年もよろしくお願いします。