ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > せんの森プロジェクト > やまなみ日記 2011夏

やまなみ日記 2011夏

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年8月1日更新

川の清掃活動を行いました。 2011年7月28日(木曜日)

今日は、川の清掃日です。土はなどに、空き缶がたくさん落ちていました。ゴミは必ず持ち帰る。みんなで自然を大切にしましょう。

河原の木
↑今の小田深山渓谷。とても涼しいです。
23
↑長いホースが木にひっかかっていました。

↑うーん。空き缶ポイ捨て!!。

4
↑たくさん拾いました。
これから、キャンプや野外活動のシーズンです。
自然を大切にする心で活動して頂きたいと思います。
自分が出したゴミは必ず自分が持って帰りましょう。

みんなで「木」を使いましょう。 2011年7月24日(日曜日)

本日は、木こりクラブの「木工」です。森の真珠と丸太を使ったベンチを試作します。

12
↑材料集め。千年の森公園に置いてある切り株を取りに行きました。↑乾いていない切り株は「とても重い。・・・
34
↑この2つの切り株で試作です。↑森の真珠も作成中。
56
↑直径55cmくらい。↑切るところをチョークで線を引きます。
78
↑おもいっきり切っていきます。チェンソーで真っ直ぐ切るのは難しいです。↑切れました。
910
↑椅子の足の部分となります。↑荒を取ります。
1112
↑椅子の形にカットします。↑なれてくるといい感じに切ることができます。
1314
↑切れました。↑横板も切ってある程度綺麗にします。
チェンソーで磨くのは結構難しいですが、慣れてくるとおもしろいです。
1615

↑とりあえず乗せてみました。
(2つの大小の切り株で、このベンチであれば2個できます。)

↑横から。自分でつくったと言うこともあり、よい味が出ていると思います。
乾かしてから、綺麗に磨いて組み立てます。

流木集め 2011年7月21日(木曜日)

小田深山の下流にある、四国電力のダムへ流木をいただきにいきました。なかなか良い木が集まりました。

12
↑流木。このくらいのものでも結構重たいのです。↑四国電力の皆さんにもお手伝い委だだ来ました。
ありがとうございました。
3
↑2トンダンプに積めるだけ、いただきました。
流木の処理にこまっている様子でした。いろんな活用を考えていきたいと思います。

渓流ウォッチングを行いました。 2011年7月17日(日曜日)

渓流の現状や環境的な機能について、自然を見ながら学びました。夜には、姫蛍も見ることができました。

12
↑講師の前中先生から、山と川の仕組みと現状につ
いてお話しをお聞きしてからスタートです。
↑植物と雨の関わりについて、みんなで実験を見ながら教わりました。
34
↑渓流の中では、特に自然の良さを知って頂こうと、
河原でのんびりとしました。
↑水切りをして楽しみました。
56
↑おっ。蝉のぬけがら発見。↑一見綺麗な渓流の自然も、実は土砂の堆積により増水したときに、木の根っこの土をさらっていき、倒れかかっている木もあります。
78
↑河原でのんびり。↑柾小屋谷のツガ林の中を散歩しました。
911
↑ぎゃー。ナメクジ3兄弟登場!!↑夕方になり、夕飯をみんなでつくりました。
今日は、姫蛍を夜見てから帰ります。
1210
↑久しぶりのキャンプで、みんな楽しそうに夕食を
つくりました。
↑お茶も、小田深山の水で冷やしました。
1314
↑できたー。アメノウオご飯の完成です。↑いただきまーす。
1516
↑とても美味しい。↑夕暮れの渓流も綺麗です。

今年度初の笠取山トレイル。 2011年7月15日(金曜日)

農学部の生徒さんが、小田深山の自然調査を行われるようです。今日は、調査現場の選定を行うためご案内しました。

12
↑雲が近いです。笠取山から南の方向。
正面の近くの山が、久万高原町ウバホド山です。
↑出発ー。尾根づたいに歩きます。
34
↑ユリの花が綺麗に咲いています。
花粉に注意。服に付くと落とすのが大変です。
↑手前が農学部の生徒さん。
いい場所ですね。と、気に入って頂いた様子。
56
↑笠取山を望む。西側から見ると、剣山に似ている
と言われていました。
↑みごとなブナの林。もー本当にいつ来ても良い場所です。
7
↑本当に綺麗です。

夏の山 2011年7月14日(木曜日)

日差しが強くなり夏本番。今日は撮影で、山の奥まで入りました。

1
↑赤石の大岩。太陽の光を受けて重々しく光っています。
2
↑青空と山。夏になりました。
3
↑杉の林が強い光を受けて1本1本の「緑の縁取り」と「影」がととても綺麗です。
4
あれー。トンボが出てきました。

せんの森クラブ23年度の活動スタートです。 2011年6月26日(日曜日)

今日は、今年度はじめての「せんの森クラブ」活動です。日頃行くことのできない「鬼が臼」という谷を散策して、小田深山の自然とふれあいました。

12
↑うーん。雨です。カッパを着ての散策です。↑林道を歩きます。
34
↑途中。ガイドの押岡さんに小田深山の自然につい
お話しを聞きながら歩きました。
↑鬼が臼の渓流。大岩を縫うように川が流れていま
す。
56
↑今年も見上げました。
御用の松の大木。大きな岩の上に黒光りをして、
凛々しく立っています。見事です。
↑こんな形で岩から伸びるヒノキもとてもおもしろい
です。
78
↑花1 うーん。綺麗です。名前忘れました。↑めずらしい草も。
910
↑花2 あじさいみたいですけど・・・。↑花3 木にたくさん花が咲いています。
1112
↑林道の真ん中にも紫の草の花が、たくさん咲いて
いました。
↑でたー。レインボーみみず。青ミミズはよく見ると
虹色に輝きます。
13
↑ネイチャーセンターに帰って、くつろぎながら、
自然のお話を聞きました。

小田高校生が小田深山へやってきました。 2011年6月9日(木曜日)

今日は、今年度からスタートした小田高校との連携事業「もっと知りたい小田深山。永く守りたい小田深山」事業の1回目です。松山東雲短期大学松井宏光先生の指導で楽しく学びました。

高校生
この事業は、小田高校生に地元の良さを学んぶ機会として、小田高校が今年度新しく実施する事業です。四国有数の自然が残る小田深山。その自然や文化を学び、郷土への愛着を深めることを目的に実施されています。日頃、近くてもなかなか行く機会のない「小田深山」。今日はどんな発見や感動が待っているのか。楽しみです。
12
↑小田高校校門前で開会式。↑小田深山の河原を見る。
なかなか小田深山渓谷まで来る機会は無いと思います。若者の感覚は、自然をどのように感じるのか非常に興味深いものがあります。
34
↑おっ。おたまじゃくしの大群。↑本日の講師。せんの森プロジェクト運営委員会副委員長で、生物の先生である、松山東雲短期大学教授松井宏光先生に自然について詳しく解説頂きました。松井先生に現場で解説頂けるとても嬉しい時間です。小田高生にとっても良い学びの時間となったと思います。
96
↑せんの森ネイチャーセンターで、松井先生に小田深山についても詳しく教えて頂きました。↑ネイチャーセンターのグラウンドで花の群生を見つけました。
87
↑花(名前わすれました)↑自然について、自然の中で学び、自然にふれあえた野外学習となったと思います。小田深山の良さを
心で感じることができたと思います。

松山大学「まちづくり学」で発表しました。 2011年6月9日(木曜日)

今日は、本山並事業を、松山大学「まちづくり学」の講座で学生の皆さんにお話ししました。たくさんの学生の皆さんに山を知って頂き、是非是非小田深山へ来て頂きたいという気持ちを込めお話ししました。

12
↑松山大学内教室。これだけの皆さんの前で話すのは初めてでした。
うまく伝わったかどうかわかりませんが。
一生懸命話しました。
↑たくさんの学生さん。
是非、小田深山へ来て下さい。そして、自然の良さ
を多くの皆さんに伝えてほしいと思います。

雨の笠取山。 2011年6月5日(日曜日)

土曜日の時点で晴れだったのに。当日朝天気予報を見ると「雨」。それでも、申込いただいた皆さんは、全員集合場所へきていただきました。少しスケジュールを変更し元気よく山へむかいました。

12
↑参加者40名でした。本当にたくさんの方に参加
頂きました。
↑本当は、山の上で開会式だったのですが。雨のた
め道の駅「せせらぎ」の倉庫をお借りし、開会のプロ
グラムを「本日のやまなみガイド」黒田さんの進行
で行いました。
54
↑心と体をほぐす。みんなで肩たたき。↑さて。笠取山へ着きました。
うーん。うっすら見えます。
36
↑真っ白の中。バスの中で、雲がはれるのを待ちまし
た。
↑少し遠くの山が見えてきました。
今だ!!。ということで、笠取山頂上を目指します。
78
↑少し咲いていました。ツルギミツバツツジ。↑尾根の細い道を1列になって歩きます。
910
↑今なら頂上付近も見えます。目指せ頂上!!。↑もう少しです。雲がはれて山々が見えてきました。
1311
↑到着。うーん真っ白。↑頂上の印。
1214
↑おっ。また雲がはれてきました。
遠くまで見えます。
↑本当はこの尾根をずーっと歩く予定でした。
たくさん参加頂いたのに残念です。
それでも、参加者の皆さんからは、始めてきて、雲を
横に見ることができて良かったといっていただきました。
ありがとうございます。来年またご参加頂きたいと思い
ます。
15
↑本日のやまなみお弁当。山菜おこわと、山のもの
盛りだくさんです。

笠取山。 2011年6月3日(金曜日)

今度の日曜日の散策の下見に笠取山へ行きました。残念。今年はほとんど花が咲いていません。でも、晴れると遠くまで見えて、別世界へ来たような感じがします。

1
↑笠取山。尾根にはツルギミツバツツジの花が満開のはずなのですが・・・。
どうも、他の山の様子を聞くと、この前の冬のものすごい寒さが影響したのか、今年は花がついていないようです。
手前に少しだけ紫の花か咲いています。
23
↑やまなみガイドの黒田さん。↑マイヅルソウ。漢字で書くと「舞鶴草」です。小さいですが、かわいらしい花です。
4
↑大草原を行く。
なかなか、こんな写真は撮れません。ちょうど内子町と久万高原町の町境を歩いています。