ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > せんの森プロジェクト > やまなみ日記 2011春

やまなみ日記 2011春

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月14日更新

せんの森クラブ23年度定例会 2011年5月30日(月曜日)

せんの森クラブは、定期的に(月2回)山へ出向き、いろいろな活動で山とふれあいながら、山への思いや愛着を深め、発進していくことを目標としています。山が大好きな21名の皆さんと楽しく山で活動を行い、「せんの森の世界」をつくっていきたいと思います。

12
↑23年度の事業内容、日程について打合せを行いました。また、初代クラブ長として藤井哲治さんにご就任頂きました。↑23年度初めの定例会記念撮影。
今年度新しく2名の方が加わり、会員21名となりました。楽しく活動したいと思います。

春を撮影しました。 2011年5月26日(木曜日)

今日は、春の写真を撮影しに山へ行きました。この時期にしか見ることができない美しい自然がありました。

12
↑河原。石と草花がとても綺麗です。↑黄色い花は「マンネングサ」という名前です。
小田深山を代表する春の花だと思います。
小さい、星のような形の花がたくさん咲いていて、とても優しい感じがします。
34
↑石の上にコケと一緒に咲いていて、緑と黄色のマダラ模様、フカフカした感じがとても良いと思います。↑うーん。とてもおもしろいと思います。
56
↑ふと山の方をみると。
大きなシダが、丸く開いています。花ではないのですが、豪快な開きっぷりで綺麗です。
↑なんでしょう?
78
↑おせんべいのようなキノコでした。美味しそうです。↑キノコの横には・・・。ギョギョ。ヤスデです。
なかなかの気持ち悪さですが。
春は、いろいろな虫や動物にとっても活動の時期なのでしょう。
910
↑ひゃー。妖精が出てきそうな感じです。
手前の花?は、ユキモチソウです。漢字で書くと「雪餅草」です。雪見だいふくのような感じです。もちもちしている感じです。
↑藤の花。満開です。
1112
↑近づくと結構大きな花です。薄紫と白がとても綺麗です。↑うん・・・???。遠くに紫色の木が見えます。
こんな木あったかなと思って近寄ってみると・・・。
13

↑杉の木全面に、藤の花がおおいかぶさっていました。これはすごい。春にしか見れない「紫の木」です。

アメノウオを放流しました。 2011年5月17日(火曜日)

今日は、面河川漁協の皆さんと小田深山の川に「アメリウオ」を放流しました。放流するアメノウオの稚魚は小田深山の坪田さんが卵から育てられたそうです。川に入れると元気よく泳いでいました。

12
↑漁協の皆さんとバケツで放流しました。↑アメノウオの子ども大群。
赤石の河原で一生懸命に泳いでいます。大きくなってね。

春のせんの森の日を開催しました。 2011年5月15日(日曜日)

若葉の芽吹いた、山菜の美味しい時期に、「せんの森の日」開催しました。松山市など町外からたくさんの参加者をお迎えしお天気の日に開催できました。

12
↑開会式 高本師津雄実行委員長あいさつ。↑参加人数190名。たくさん参加頂きました。
34
↑町長あいさつ↑午前中の「春風お散歩」。小田深山渓谷の自然の中をゆっくり散歩頂きました。
56
↑子どもさんも、自然の中でいろんなものを見つけたと思います。↑澄んだ水と新緑が綺麗です。
78
↑途中には、クイズを置きました。↑五色河原を見ながら、クイズの答えを皆さん熱心に考えています。
910
↑河原には、涼み台を置いて、座って春風を感じます。↑安芸貞渕もとても緑が濃く綺麗です。
1112
↑吊り橋から下を見ています。魚いるかな。↑お昼。やまなみお弁当をみんなで食べました。
1314
↑今回のイベントのお楽しみ。「山菜の天ぷら」です。
春ならではの味です。
↑昼食時間は、「山並みカルテット」の演奏です。
1516
↑お昼の様子。↑昼食後は、丸太切り大会で楽しみました。
1718
↑天気最高。新緑に囲まれてとてもよい会場の様子。↑子どもたちも参加頂きました。ぎこきご。なかなか大変だ。
1920
↑小田地域のイベントなどの情報も展示しました。↑丸太切り大会表彰式。
2122
↑中締めのあいさつ 大下副実行委員長。

↑午後からは各コーナーに分かれて体験しました。
木工広場の様子。杉の葉っぱを使った工作です。

2324
↑こけ玉工房の様子。皆さん、熱心に作っています。↑深山荘の中。せせらぎヨガ。渓流のせせらぎの音を聞きながら、フットネスクラブリュウオウの講師の皆さんの指導でゆっくりヨガを行いました。
2526
↑詳しく観察、やまなみガイドさんと歩くプチ自然旅。
たくさん参加頂きました。ネイチャーゲームや自然解説でいろいろな自然を発見しました。
↑こけ玉できあがり。
27
↑ネイチャーセンターも同時に開館し、小田深山の資料や本を見ながらくつろいで頂きました。

今日は寒い日になりました。 2011年4月19日(火曜日)

小田深山はたくさんの雪が降っています。

桜雪

たくさん花が咲き始めました。 2011年4月17日(日曜日)

今日は山本栄治先生の「生物多様性プロフェッショナル講座」1回目が開催されました。解説いただき、たくさんの自然を発見しました。

山本2

↑山本先生。詳しく教えていただきました。
写真は何も無い、がれきの小さな谷ですが、
こういった環境にしか生息しない草花や昆虫
もいるということです。

↑「ユキワリイチゲ」ちょっとピンぼけです。
接写は難しい。
34
↑「クロフネサインシ」
花は、白やピンクだけではありません。
よく見ないと見つけるのが難しい花です。
↑「コチャルメルソウ」
ラッパの形「チャルメラ」に似ているので付いた
名前だそうです。
56
↑「カワゲラ」(だったと思います)

↑「クモノスシダ」
葉っぱの先端が細く伸びて、先っぽが地面に刺さり
そこからまた、次の株ができるそうです。

78
↑???名前忘れました。↑「ハルトラノオ」
鼻の先が、トラのしっぽに似ているので付いた
名前だそうです。
910
↑矢印のところ。鍾乳石だそうです。↑「フタバアオイ」
この葉っぱを3枚にすると徳川家の家紋
「三つ葉葵」だそうです。
1112
↑???またまた忘れました。
なかなか覚えるのは難しい。
↑ごぞんじ「カタクリ」
1314
↑綺麗な花です。(すみません・・・)↑「フキノトウ」が斜面一面に出ています。

春。見つけました。 2011年4月12日(火曜日)

ひょっとしたら咲いているかなと思い行ってみると、咲いていました。

カタクリ
↑カタクリです。今では小田深山でも滅多に見ることができません。うすいピンク色で細い花びらがヒュンと反り返り咲きます。かっこいい花です。
カタクリ2
↑去年は10本くらいでしたが、今年は15本くらい咲いていて少しずつ増えています。このまま、ずーっと増えつつけてほしいものです。自然の中に咲いているから美しいのです。みんなで見守りたいと思います。

春はすぐそこ。 2011年4月7日(木曜日)

少しずつ春が近づいて来ているのを感じます。渓谷沿いを歩きました。

12
↑安芸貞渕とマンサク。渕のエメラルドグリーンと黄色い花が綺麗です。↑うん。---でたぁー!!。
温かいアスファルトの上でじっとしています。
もちもちっとした茶色のカエルです。
このままだと車にひかれるので、ガードレール下に誘導しました。
34
↑まだまだ日陰では雪が残っています。↑こばいも??だったと思います。ひそかに咲いていました。
56
↑渓流の水も綺麗です。↑カタクリはまだ咲いていませんでした。

春近し。ポット苗の植え替え作業を行いました。 2011年3月23日(水曜日)

ブナの森の再生を目指して、徐々に苗を育てています。リーダーの山本栄治さんの指導で苗の植え替えを行いました。

12
↑発泡スチロールの箱で育っていた苗を1本づつポットに植え替えます。↑苗が真っ直ぐ立つように植えるのがポイント。
3
↑ドングリがまだ付いています。種から、まず、根が伸び、それから幹が育っていくのだそうです。

松山市いよてつ高島屋キャンペーン 2011年3月14(月曜日)

小田深山や小田地域の情報を広く知っていただこうと、松山市のいよてつ高島屋で「小田の郷ふるさとまつり」と題してキャンペーンを行いました。

高島屋キャンペーン
↑地元「和太鼓集団 喜鼓里」の演奏。たくさんの方に来ていただきました。
12
↑高島屋の8階スカイドーム↑横から
34
↑お昼やわらかくておいしい「小田うどん」の試食↑たくさんの方に食べていただきました。
56
↑食べていただいた方に、地域の皆さんがイベントなどの宣伝を行いました。↑クイズも行いました。地域の情報パネルを見ていただければ答えは書いてあります。
1314
↑寺村火祭り保存会の大下さん。マイクで火祭りの宣伝を行っていただきました。↑立石の宮田さん。相野の花、尾首の春のイベントなどの宣伝を行っていただきました。
716
↑深山荘のコーナーでは、本物のアメノウオを見れます。↑熱心に小田地域の情報を見ていただきました。
89
↑午後2時からは餅つきとお餅の試食を行いました。市内の子どもたちにもお餅つきを手伝っていただきました。↑木工広場。おいちゃん手伝ってー。ということで、スタッフも手伝い「巣箱」を作っていただきました。
1011
↑丸太切り大会。高島屋でも盛り上がりました。↑丸太切り大会表彰式。道の駅小田の郷せせらぎから小田の美味しい味をプレゼント。

せんの森プロジェクト運営委員会を行いました。 2011年2月25日(金曜日)

せんの森プロジェクトの運営について話し合う、運営委員会を年に2回開催しています。今日は、年度末の会議として22年度事業の報告などを行いました。

12
↑22年度事業の報告や来年度事業のことについて
協議を行いました。
↑スライドを見ながら、活動の報告を行いました。
また、各委員からの事例や調査の報告、提案等の
意見もたくさんだされました。