ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > せんの森プロジェクト > 山並保全・活用計画書

山並保全・活用計画書

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年4月14日更新

せんの森プロジェクト(内子町山並保全・活用計画書)概要

せんの森の「せん」は、人と山が一体となった「仙」を語源としています。
内子町の山や自然のシンボルである「小田深山」を活動フィールドに、保全と活用の心をたくさんの皆さんと共有しながら、下の9つの活動テーマを掲げ行動を行っていきます。

 1.内子森の健康診断の推進
 2.健康な森づくりができる人材の育成と林業活性化
 3.小田深山渓谷保全再生
 4.ブナの森の保全再生
 5.小田深山自然活用マップの作成
 6.自然・文化の継続的調査
 7.小田深山エコ・ツーリズム
 8.エコ・ビレッジ整備
 9.保全・活用のルールづくり

1~9の基本を元に、せんの森クラブ(自然クラブ・木こりクラブ)を立ち上げ、たくさんの皆様とともに楽しく活動を展開していきます。

せんの森プロジェクトロゴマーク

 フクロウをモチーフに、自然を大切に見守る気持ちを表現しました。

ろご

フィールド(内子町小田深山)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)