ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > うちこの魅力 > 内子の町並み保存
町並みから村並みそして山並みへ
景観保全とエコロジータウン
地域コミュニティの構築と地域活性化
交流事業と連携による地域活性化

内子の町並み保存

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月1日更新

内子の町並み保存

 昭和40年代は、高度経済成長の中で全国的に開発が進み、地方の画一化やスクラップアンドビルドの波の中で、歴史的な建物が急速に失われていく時代でした。また、地方においては過疎が大きな問題になり、地域の存続が危うい状況も生まれていました。

 そのような中で、昭和47年、文化庁は全国の集落町並の調査を実施。その時にリストアップされたのが八日市・護国の町並みです。時を同じくして、住民の中からも町並み保存運動を提唱する声が上がり、教育委員会を中心に保存の方策について検討を始めました。

 しかし、古い民家を保存するということは、個人の資産である住宅や土地に制限がかかるということにもつながります。住民の理解は簡単には進みませんでしたが、先進地視察や研修、勉強会を重ね、また多くのメディアに取り上げられ、徐々に保存の気運が高まっていきました。

町並み保存

町並み保存

 昭和52年度には文化庁及び広島大学の鈴木充教授の指導・協力により本格的な調査が行われ、全国的にも良質の保存地区という評価を受けました。町は保存条例や補助制度を整備するなど保存対策を図り、住民も保存修理に着手するなど保存事業が進み、昭和57年、四国で初めて、重要伝統的建造物群保存地区に選定され、今日に至ります。

 内子町の町並み保存の目的は、そこにあるものを生かすまちづくりにあります。都会を目指すのではなく、歴史・風土に培われてきた伝統や文化に価値を見出し、まちに誇りを持って人々が暮らすまちづくりです。この考え方を根底に、内子のまちづくりは進められています。

守られた内子座

内子座外観

  内子町民の誇りナンバー1の内子座。大正5年、地元の旦那衆18名が発起人となり創建された木造芝居小屋です。
 開場以降、歌舞伎や文楽、活動写真など様々な興行が行われてきましたが、時代の流れとともに映画館に改造されたり、商工会の事務所になったりと変遷をたどりました。その後、老朽化に伴い解体するという案が浮上。駐車場をという声もありましたが、くしくも町並み保存運動が軌道に乗り始めた頃。「数少ない地方劇場の一つ。保存しては」という問題意識のもと、昭和57年に町に寄贈され、本格調査を実施。同年9月には町指定文化財となり、昭和58年から3カ年かけて修理・復原されました。

内子座劇場画像

 復原後は、内子座を拠点とする住民による興行グループや劇団が結成され、再び活気を取り戻しています。現在でもプロによる伝統芸能はもとより、住民の発表会などの場として愛されています。

 他にも歴史的な建造物は「木蝋資料館上芳我邸」(重要文化財)や歴史民俗資料館、町家資料館などの伝統文化施設として生かされており、さらに住民の中では歴史的な建物を店舗や宿として活用する事例も増えています。新築の公共事業においても保育園、学校、自治センターや町営住宅などを木造とするなど、内子町の景観形成において重要な役割を担っています。

内子座 ストリートビュー