ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織・課名でさがす > 環境政策室 > 環境自治体スタンダード(LAS-E)の取り組みについて

環境自治体スタンダード(LAS-E)の取り組みについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月31日更新

 内子町は、「キラリ光るエコロジータウン内子」をキャッチフレーズに、環境に優しいまちづくりに取り組み、「環境自治体スタンダード(LAS-E:ラス・イー)」という認証制度による認証の取得をめざしています。

LAS-Eとは

 NPO法人環境自治体会議環境政策研究所が開発した環境規格で、環境への配慮や環境に関する政策などの取り組みが環境自治体としてふさわしいかを問われる制度です。

 LAS-Eは、規格で定められた共通実施項目と市町村が個別に設定した独自目標に取り組みます。その取り組みの項目や範囲によって、第1ステージ(初級)、第2ステージ(中級)、第3ステージ(上級)の段階があり、各ステージの中でも取り組み内容によって第1ステップから第3ステップへとレベルアップを図りながら取り組むことができます。その取り組み内容が一定の基準に達していれば合格の認定が受けられるという制度です。

 NPO法人環境自治体会議環境政策研究所 LAS-Eに関するホームページ
 http://www.colgei.org/LAS-E/LAS-E_top.htm

内子町の取り組み

内子町では、「きらりと光る エコロジータウン内子」をキャッチフレーズに地球温暖化防止に向けた環境に優しいまちづくりに取り組むため、平成18年度から環境自治体スタンダード「LAS-E」に取り組んでいます。この規格の特徴は、目標の設定や監査時に町民の皆様も参加することを定めていますので、町民参加のもと環境づくりが行えるということがあります。

これまでの取り組みの経過は、平成18年度に第1ステージ合格、平成21年度に第2ステージ合格、平成24年度に第3ステージ第1ステップを合格しています。

 町民の皆様も、日頃から環境にやさしい行動を心がけ、町全体で地域の環境を見直し、‘かけがえのない地球’の環境を守っていきましょう。

第3ステージ合格証の授与式授与式 (第3ステージ第1ステップの合格証の授与式の様子)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)