ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 八日市・護国町並保存センター > 内子町歴史的風致維持向上計画について
八日市護国地区町並保存会
伝建地区内施設

内子町歴史的風致維持向上計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月4日更新

内子町歴史的風致維持向上計画について

 内子町は、歴史的な資源を活かしたまちづくりを推進する計画「歴史的風致維持向上計画(通称、歴史まちづくり計画)」を策定し、現在、国へ認定申請を行っています。
  

歴史的風致維持向上計画とは

 平成20年に施行された「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(歴史まちづくり法)」に基づき、内子町においても策定しました。この制度は、国土交通省、農林水産省、文化庁の3 省庁が連携して推進されています。

 「歴史的風致」とは、「地域の歴史や伝統を反映した活動や営みと、それらが行われる歴史上価値の高い建造物及びその周辺などが一体となって形成してきた良好な市街地の環境」をいい、計画書の中では、内子町の特徴的な歴史的風致を「維持向上すべき歴史的風致」として定め、位置づけています。 
  

内子町の維持向上すべき歴史的風致

 内子町は、まちの中央を小田川が東西に流れ、江戸時代からその水運を活かした製紙業、製蠟業、林業等で栄えました。中心部では往時の隆盛を語る歴史的建造物や町並みとともに人々の営みやそれを支える技などが今に続きます。
 また山間部においては、石積みの棚田、ため池や堰などによる農業、森林資源を生かした林業、寺社信仰や祭礼など、特色ある地域文化が点在し、現代まで継承され、良好で多様な歴史的風致を形成しています。
 これらを内子町の維持向上すべき歴史風致の特徴ととらえ、計画書に位置づけました。

《歴史的な資源の一例》

八日市護国の町並み 八日市護国の町並み保存地区

天神産紙での紙漉きの技 天神産紙での紙漉きの技

広瀬神社と巨樹のケヤキ、イチイガシ 広瀬神社と巨樹のケヤキ、イチイガシ

   
  
 □内子町の維持向上すべき歴史的風致

  維持向上すべき歴史的風致の位置図

  拡大版はこちら↓

  維持向上すべき歴史的風致の位置図 [PDFファイル/13.14MB]

 1.在郷町内子・五十崎にみる歴史的風致
   1) 在郷町の佇まいをつなぐ町並みとその保存にみる歴史的風致
   2) 地域に根付く手漉き和紙と大凧合戦にみる歴史的風致
   3) 時を超えた芝居小屋にみる歴史的風致
   4) 地域の味、醸造業にみる歴史的風致
   5) 内子・五十崎の祭礼にみる歴史的風致
 2.小田川が結ぶ小田林業と山とともにある営みにみる歴史的風致
 3.里山が育む村並みにみる歴史的風致 
 4.大瀬「森のなかの谷間の村」の営みにみる歴史的風致
 5.街道、遍路道にみる歴史的風致
          

内子町歴史的風致維持向上計画の概要版

 今後、当計画書に基づき、事業を実施していきます。

 歴史的風致や主な事業についてはこちら↓概要版をご覧ください。

  内子町歴史的風致維持向上計画概要版 [PDFファイル/8.8MB]

    
 ※当計画策定への経緯や思いは、広報うちこ6月号をご覧ください。

 ※計画書の全編は、国の認定後にホームページ上で公開いたします。
     

□問い合わせ先

 町並・地域振興課(電話0893-44-2118)高山、西岡

 八日市・護国町並保存センター(電話0893-44-5212)土居

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)