ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災情報 > 内子町地域防災計画を修正しました

内子町地域防災計画を修正しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月1日更新
 内子町地域防災計画は、内子町が誕生して翌年の平成18年に内子町地域防災計画を策定しました。その後、町の機構や制度の改正に合わせて小規模な改訂を行ってきましたが、今回、国・県と同様に東日本大震災を踏まえて、既存の「風水害等対策編」「震災対策編」の見直しを行いました。
 また、福島原発事故を教訓に、原子力災害に対する防護地域などが見直され、伊方原子力発電所から概ね30kmにあるUPZ(緊急時防護措置を準備する区域)圏内に本町があることから、新たに「原子力災害対策編」を策定しました。
 今回は、町の機構の改正や県の動きはもちろん、各種危険区域等の指定状況、緊急物資の備蓄場所の変更など、町の実態や取り組み等を反映し、町の防災対策の新たな方針を定めるものです。
 この地域防災計画は平成25年3月に改定したものを、平成25年10月に一部修正しました。
                 平成25年3月改定

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)